あだり ほどり

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

散歩で体もホカホカいい気分。沼に白鳥の親子が岸辺に。釣りをしてる人が一人。

今日は早起きして遠出

大した早起きではありませんが、団地の道を歩くのも飽きて

気分転換にチョット遠出しました。

歩くと10キロ近くはあるので車で現地へ直行です。

測った事はありませんが、新幹線の操車場の敷地をぐるっと回るので

そのくらいはあるかも。

 

散歩は健康維持の基本です。

3度の食事と適度な運動を欠かさなければ健康を保てますね。

散歩は歩く前に軽い体操をしてから行って下さい。

足首や膝や腰、背中も軽く回してからですよ。

歩く時は軽く胸を張って、腕も軽く振って。

最初はきついですが、すぐ慣れてきます。

散歩の後は清々しい気分になれますよ。

 

無理をして歩くと逆効果になります。きつい時は休みながら

少しずつ距離を伸ばして下さい。

病院へ通っておられる方は医師と相談して下さいね。

 

さあ着きました。

門が閉まっていました。駐車場に置けません。

何台かの車が道路わきに駐車しています。

ゲートが開くまで待つ時間は無いので、というより今日は休業日かも知れません。

車を後から来る人の邪魔にならない様に隅へ寄せました。

 

目次

 

風が無くて清々しい散歩日和

今冬では初めての場所です。団地は上り坂、下り坂の連続ですが、

ここはほぼ平らです。

歩き始めて15分。ぽかぽかになってきました・

用心のために持ってきた防寒着を車の中に置いて来て正解でした。

多分暑くなり、手に持つようになったと思います。

 

手袋は欠かせませんね。

そのへんはさすがに冬です。たまに手袋を外すと冷やりとします。

歩いていると水溜まりや小さな池も薄く氷が張っています。

普通の靴ですと滑って危険です。

滑り止めの靴を履いて来たので安心して歩けますね。

 

人はまばら

殆んど人はいません。遠くで犬と一緒に散歩している人はいますが。

この公園は犬のリードを外す事は厳禁です。

中にはいぬが怖い人もいますから。

これだけ広いと犬には良い遊び場ですね。

人間と同じでいくらでも歩く事は出来ます。

 

大きな沼が公園内にあり一周できますが、

舗装されていない道ですので、冬場は滑って危ないので

私は冬は行かない様にしています。

 

本当に人が少ないですね。すれちがった人は3人だけでした。

犬は2匹。側に寄ってきます。可愛いものです。

不思議と今日ここで出会う犬は飼い主を引っ張りません。

よくいますよね。急に右に行ったり、左へ行ったりと、

飼い主も引っ張られて右往左往している光景。

 

普通、犬と一緒だと散歩にはならないです。

 

ジョギングしている人に2回抜かれました

1キロちょっと歩くと大きな沼に行ける土手があるのですが

ジョギングしている人に2回抜かれました。

同じ様な年代の人です。

ここには短い散歩コースがあり、ジョギングする人はそのコースを

何回も回っています。

散歩している人も同じコースを歩くので道幅は危なくない様に

広めに作られていますので一応は安全です。

一周で1750m、道に100メートルごとに白く書かれおり、

スタート地点には「S」と「1750」の文字が地面に書いてあります。

 Sはスタートの意味ですね。

 

白鳥さんおはよう

ジョギングコースに別れを告げて、土手の近くに来ました。

少しだけ沼を回る遊歩道を歩きましたが、常緑樹がうっそうと茂っています。

釣りを楽しんでいる人が一人だけいました。

太い倒れた木に乗りルアーを楽しんでいます。

大人の人ですが、正直言って危ないですね。

ブラックバスでしょうか、鯉でしょうか。元から1m強の鯉を見かける沼です。

ブラックバスであればリリースしないで持ち帰って欲しいですね。

少しでも在来種を守るために。

 

戻って土手の階段を上がると、沼が見渡せます。

鳥たちが岸辺にいます。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20181225115010j:plain

 

白鳥の親子でしょうか。 

灰色の体をしているのは子供ですよね。体は親と同じくらいに育っています。

ここで飛べるようになるまで過ごすのでしょう。

 

岸に上がって日向ぼっこをしている雁とか小さな鳥がいっぱいです。

 

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございます。