hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

猛暑が原因かニンジンの芽が出ない

猛暑で野菜の値段が上がりっぱなし。

キャベツは7割も、ほうれん草も3割ほど上がっています。

他に大根、キュウリ、ニンジンもかなり高騰しています。

 

原因は

  • 猛暑 群馬県、茨木県 葉物野菜の成長が停まったり、根が枯れてしまう。
  • 6月中旬の長雨で日照不足 北海道、東北
  • 西日本の豪雨 広範囲にわたって農作物に被害が出てしまいました。加えて猛暑のダブルパンチ

 

猛暑や自然災害は年々酷くなってきています。

この状態が普通だと考える様になったら怖いですね。

 

もっと前に降って欲しかった

あっ、雨が降ってきました。

記事を書いている途中に雨が降ってきました。雷も。

 

まともに雨が降ったのは何日ぶりか

思い出せません。

 

昨日の天気予報で昼頃から雨と出ていました。

例によって早起きして畑へ行きました。

 

朝食は途中でコンビニがあるので、おにぎりとお茶を買いました。

久しぶりに買いましたが結構うまいですね。

高校や野球場などのスポーツ施設が近くにあるので、売れ行きが良いせいか握りたてのうまさでした。

 

あまり早い時間に買って、硬くなったおにぎりを食べた事があります・・・。

 

芽がゼロ、どうしたのか

不織布の中では緑色したもので一杯です。

ニンジンの芽が出たと思い、ウキウキと不織布を剥がしてみると

何だこりゃ

緑色の正体は全て雑草で、ニンジンは1本も芽が出ていません。

雑草は、この暑さでも一杯伸びているのに、ニンジンは弱いですね。

急遽ニンジンの蒔き直しの準備にかかる

思わぬ仕事が増えてしまいました。

雨が降る前に予定を全部こなせるか不安になります。

まず、

  • 雑草を全部抜き、畝の表面をならします。
  • センターを取り左右15㎝ずつ支柱で蒔き溝を作りました。
  • 種を蒔く前にジョウロで水を撒き畝の表面を十分に湿らせる。
  • 通常1センチおきに種を蒔きますが、いずれ最終的に10㎝間隔で1本にしますから
  • 10㎝間隔毎にで4、5粒蒔きました。
  • ジョウロで種が流れない様に気を使いながらタップリと水を撒きます。

 

今度は新聞紙を利用

前回は、たまたま新聞紙を処分した後で当日分しか無かったので使用しませんでした。

新聞紙を開き、2枚ずつ5㎝位重ねて押さえ金具で固定しました。

例の不織布を被せて固定します。

風で新聞紙がめくれるのを防ぐ為です。

めくれると、この暑さですから、たちまち乾燥して台無しになってしまいます。

 

ニンジンの種は水分を吸収した後に乾燥すると死んでしまいます。

 

春まきのにんじんの最後の収穫。

f:id:hiro-hitorigoto:20180805153121j:plain

春に蒔いたにんじんの最後の収穫をしました。

これは順調に成長し大収穫でした。

ニンジンは芽が出れば、ほぼ成功ですので種蒔き後の1週間は乾燥させない様にするのが絶対に必要です。

 

今回失敗した夏まきニンジンは毎日の様に仕事に行く前に水をまいたのですが、

本当に残念です。この暑さには負けました。

農家さんが猛暑でうまく出来ないのですから、素人の私では失敗して当然かも。

 

 

外はすごい雷です。雨も本降りです。

明日から「仙台七夕」が始まります。

3日間だけ観光客の皆様の為に晴れて欲しいのですが。

 

 

何はともあれ無事に芽が出ることを期待して、この記事を終えます。

最後まで読んで下さり有難うございます。