hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

揚げ鮭のおろし鍋 体に良い具材がいっぱい。しかも美味しい。

揚げ鮭のおろし鍋

鍋の季節が始まりましたね。

我が家ではこの前の日曜日から鍋物が始まりました。

毎週日曜日の夕飯は鍋です。

これから来年の春まで続きますよ。

 

家庭菜園をやっています。

大根、長ネギ、春菊等が収穫時期になると始まります。

待っていたかの様に・・・

 

白菜も今度の日曜日に収穫します。

雨降りませんように。

この時ばかりは子供に戻ったようです。

 

鍋が好きですが、寄せ鍋、すき焼き、しゃぶしゃぶ、おでん、石狩鍋は食べましたが、

他にも沢山ありますね。

聞いた事の無い鍋物にどんなものがあるんだろうか。

 

そんな事がきっかけで、書いています。

お付き合いください。

 

目次

具材の効能

この鍋で使われる食材にショウガと鮭、大根おろしがあります。

体にとても良い効能があります。

それぞれ、さらっとご紹介します。

 

ショウガ

食物繊維が豊富で脂肪や糖分が、

小腸の血液に一気に吸収されるのを抑えてくれる。

血糖値の急激な上昇を防いでくれる。

肥満の予防にもなり、消化も助けてくれます。

 

健康に良い、しかも低カロリーで冷え性にも効果的。

発がん予防、糖尿病、眼精疲労の解消。

DHAEPA脂肪酸が豊富で記憶力や学習能力を高めます。

心筋梗塞や脳血栓を予防します。

さらに血中コレストロールや血糖値や血圧を下げる効果もあります。

ダイエットには最適な食材で、骨粗鬆症も防いでくれます。

 

大根

ビタミンA、ビタミンCや食物繊維等が豊富です。

辛み成分が血液をサラサラにしてくれます。

高血圧の予防、疲労回復や利尿作用もあります。

胃腸の消化を助け、発がん物質の消化も助けます。

たんぱく質や脂肪の消化も助けます。

朗報です。二日酔いにも効きます。でも、飲み過ぎには注意をして下さい。

 

鍋物は昔から食べられています。

人々は食べ物の効能を知っていたのでしょうか。

 

揚げ鮭のおろし鍋のレシピです。

材料として

  • 材料(2~3人分)
  • 昆布(3㎝角)・・・・・2枚
  • 水・・・・・・・400?
  • 大根おろし・・・600g
  • カリフラワー・・小1株
  • 生鮭・・・・・・3切れ
  • 小麦粉・・・・・適量
  • 揚げ油・・・・・適量
  • ショウガ・・・・50g(すりおろしたもの)
  • 万能ねぎ・・・・1/2束(小口切り)
  • 酢・・・・・・・大さじ3
  • 醤油・・・・・・大さじ3
  • だし汁・・・・・大さじ3

※酢、醤油、だし汁は混ぜ合わせておいて下さい。

 

作り方

  • 土鍋に昆布と水を入れます。20分位置く。
  • 大根おろしは、ざるに入れ、汁を切っておく。
  • カリフラワーは小さい子房に分けておく。
  • 鮭は一口大に切って下さい。それに小麦粉をはたき付ける。170~180℃の油でカラリと揚げて油を切って下さい。
  • 昆布と水が入った土鍋を中火で煮て下さい。
  • 煮立ち始めたらカリフラワーを加える。
  • しっかり煮立ったら大根おろしを半分加えます。
  • 再び煮立ったら用意しておいた鮭と残りの大根おろしとショウガを加えて下さい。
  • 煮立ってきて大根おろしが温まってきたら、万能ねぎを散らす。
  • 器に取り分け、混ぜ合わせた酢と醤油、だし汁をかけてお召し上がり下さい。

美味しそうですね。是非お試しください。


料理研究家の検見崎 聡美さんのレシピを参考にさせて頂きました。

 

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございます。