あだり ほどり

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

ネギ坊主が出来ない長ネギ① 検索しても今だに名前が分からない分けつ長ネギ。

あなたのお名前は

昨年、仕事上の人と仲良くなり長ネギの苗を頂きました。

正確に言うと苗では無く、成長した長ネギでした。

「1本ずつ分けて30㎝間隔に植えると、1本1本がこの様になるんだよ」

頂いた長ネギは2つでした。

言われた通り1本ずつ分けて12本植えてみました。

 

5月頃の話です。

新しい年を迎えて間もなく4月ですが

今だに品種が分かりません。

あなたのお名前が分かりません。

 

 

目次

 

ネギ坊主が出来ない、株ネギ

名前が知りたいので散々検索して調べましたが

全然ありませんね。

株別れ」で検索すると

普通の長ネギばかり、

根のすぐ上に茎があり、そこから分かれて伸びて葉になり

真ん中が白く伸びる長ネギ本体。

成長点の所からまた本体と葉が伸びて行く。

そんな事ばかり書いています。

いわれなくても誰でも分かりますよね。

 

ひょっとして余り知られていない品種かも

前に別な人からも「1本から10本出来る長ねぎがあるんだ」と聞いたことが

あります。

私が頂いた人もこの人も宮城県の北の方、仙北と地元の人は言いますが

登米市の人です。

北の方で知られている長ネギなんだなとは

漠然と思っていました。

 

やっと手掛かりが

分けつする長ネギ」で検索するとやっと自分が求めている情報が

出てきました。

 

ひとつは

YouTube の動画ですが

タイトルは

「ネギ坊主が出来ない『増えるネギ』の植え付け 株分けで増えるネギです。」

 

2本ずつ株分けして植えています。

残念ながらこの長ねぎの名前は動画では出てきません。

ただ、視聴者のコメントで

「通販で買いました。」

内容はどうも長ネギそのもののようで、種ではありません。

ネギ坊主が出来ないから種がある訳はありませんが (笑) 。

 

説明書が不十分で植え方が分からなくって困っている様でした。

 

二つめ

畑友達から頂いた株ネギを植えたとの事

初めは2本づつ植えたようですが、「今回は足りないので

40㎝間隔で1本ずつにしました」

と書いてあります。

全部食べちゃったようですね

2、3個残しておけば今年は自前で出来たのにね・・・

 

でも、耳寄りな情報がありました。

この人が言っていましたが

「・・・

どこの畑にも栽培されているネギです」

※無断転載、複製を禁じる とありますので多少省略します。

 

プロフイールを見させていただくと

神奈川県とありました。

神奈川県ではどこの農家でも栽培している

という事でした。

 

残念ながら長ネギの名前は書いてありません。

 

但し、嬉しい情報がありました。

このネギは柔らかくて美味しいと書いてありました。

家ではまだ食べていません。

分けつしていない何時もの長ネギがまだ50本程残っているので

12本そのままで畑に残っています。

 

早く食べたい。

 

まとめ

あくまで私自身の考えですが、

かなり前にある農民がいつもの様に、長ネギを栽培していると

突然変異で一株から10本近くの白い長ネギが出来た。

これは何だと驚いたが

食べてみると柔くて美味しい

いくつか畑に残して種を取ろうとしたが

いっこうにネギ坊主が出来ない

 

これは困った

またあの美味しい長ネギが食べたい

農民は考えました。

残しておいた長ネギを1本ずつ株分けして植えてみよう

と、思い立ち植えてみました。

 

すると

何とした事でしょう

1本の株から10本位の白い長ネギが出来たではありませんか

 

という様な感じで、ネギ坊主が出来ない新種の長ネギは

代々その地域で守り育てられ今日に至った。

途中で新しい地域で住むようになったお百姓さんのおかげで

様々な地域でも栽培されるようになりましたとさ。

 

名無しの品種として。

 

本当は名前があるのかもしれませんので

お分かりの方はそっと教えて頂ければ、嬉しいです。

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございます。