あだり ほどり

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

ネギ坊主が出来ない長ネギ② 去年は頂くのが遅くて準備不足 生育はこんなものか 今回は画像あり

準備不足というより、まったく何もしていない

2回目の投稿です。

昨年、分けつ長ネギを頂いたのが5月の20日

この頃は殆んど種まきや苗の植え付けは終わっています。

いつもの長ネギは苗植えもとっくに終わっていて

ジャガイモ2畝、ニンジン、ブロッコリー、自然薯、かぼちゃ、ヤーコン等も

終わり、頂いた分けつ長ネギを植える場所がありませんでした。

止む無く畑の一番端っこに溝を掘り植える事に。

 

目次

 

肥料が少なかった

1回目の時は画像なしで済ませてしまいました。

文字だけでは、分けつ長ネギを見た事の無い人に対して不親切ですよね。

昨年に撮ったはずなのですが、いくら探しても見つかりませんでした。

 

それで撮ってきました。

下の画像です。

f:id:hiro-hitorigoto:20190327183742j:plain

何となく普通の長ネギと違う感じがお分かりですか。

四方八方に葉が伸びています。

 

しかたなく昨年は他の人の畑との境界線ギリギリに植えました。

下のエンドウ豆みたいなのが別の人の畑の始まりです。

 

もうちっと拡大した画像です。 

f:id:hiro-hitorigoto:20190327184314j:plain

普通は上の方に葉が伸びていきますね。

根の上の茎から6つ以上の長ネギが伸びています。

 

本当はもっと伸びているはずですが、土寄せも地面より目立って盛った事は

ありません。

余り伸びないので成長点の下4㎝位まで土寄せをしましたが・・・

 

原因は殆んど肥料を施していなかったからです。

見た目は太い葉が伸びて良い雰囲気ではありますが

元肥も入れていませんから、しかも2回程化成肥料をばらまいて土寄せ

しただけです。

多分、掘り上げると15~20㎝位しか白い部分は無いと思います。

野菜もご飯をあげないと育ちませんよね。

 

でも農家の人に聞くと

「長ねぎは余り肥料は要らないんだ」とよく言われます。

私も最初の頃と違い長ネギに対しては肥料を施したことはありません。

「前に別な野菜を植えた時の肥料が残っているのでそれで十分」

と言われたこともあります。

 

元々肥料の無いところに植えた

実は分けつ長ネギを植えたところは、10年くらい自然薯とカボチャを栽培して

いた場所の端っこです。

間違いなく肥料は残っていません。

かぼちゃは苗を植える真下に30㎝の穴を掘って堆肥等を入れます。

自然薯は芽が出てから少し離したところから

化成肥料をパラパラと撒く程度です。

それで立派なものを毎年収穫していました。

 

ですから端っこは肥料の残りは10年間

全くありません。

 

 

もっと拡大しますね。 

f:id:hiro-hitorigoto:20190327184355j:plain

こんな感じで株別れした長ネギが伸びていきます。

面白いでしょう。

苗を3、4本まとめて植えたのではありません。

1株剥いて植えた1本がこのように複数の長ネギに分かれて成長しました。

 

これが「分けつ長ネギ」または「株別れ長ネギ」と言われる品種です。

前回で、もし名前をお分かりの方は教えて下さい

と、お願いしましたが今のところコメントはありません。

 

今年は充分な環境を整える

今回はこの中から12株ほど剥がして苗として植えてみます。

もちろん十分に耕し、肥料も与えて環境を整えます。

大きく、長く育ったら嬉しいですね。

 

 

1回目の記事です。良かったらどうぞ。

画像なしですけど。

www.adarihodori.com

 

次回は収穫した時

4月に入ったら抜いてみます。

何か気のせいか今までで一番青々としていますね。

これから伸びるのでは・・・はかない望みです。

 

次回は収穫時にお伝えしたいと思います。

食べるところが極端に短い

これは今から覚悟しています。

 

希望はただ一つ

柔くて美味しい

これのみです。

 

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございます。