hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

健康にも良い野菜のブロッコリー 大事なのは虫除けと、適切な追肥。これを忘れなければ大成功。

ブロッコリー栽培は意外と手がかかる

年に2回収穫できるブロッコリー

これが意外に手がかかる。

 

10月に入りました。もう蝶々も来なくなるだろうと思い、

虫除けネットを外す事にしました。

外し終わったら蝶々が来るは来るは。

 

優雅に舞いながらブロッコリーの上を舞っています。

まあ良いか

蝶々はブロッコリーが子供にとって最高の餌だと知っているみたいです。

 

他の野菜を通り越して、こちらへ来ます。

 

今から、卵を植え付けても収穫には影響ないだろう。

払えば青虫は落ちますからね。

 

ブロッコリーに目を移すと、結構な大きさに成長しているのが何個かあります。

15㎝以上のものが4、5個あります。

 

1個だけ収穫しました。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20181014214948j:plain

これがそうです。

 

花蕾がかなり多くなっています。これだけ収穫しました。

今無傷で冷蔵庫の中でくつろいでいます。

多分、明日美味しくいただきます。

 

 

目次

 

種まき時期は大事

春はゴールデンウイークの頃

夏はお盆の頃

 

去年は、いつも通りお盆の頃に種を蒔きました。

天候のせいかどうかは分かりませんが、

秋になっても収穫するほど大きくならづ、

 

仕方なく新しい年になって収穫しましたが

いつもと違い花蕾は貧弱でした。

 

今年の夏まきは、思い切って7月半ばに種を蒔きました。

上手くいったようです。

 

最近の様に気候変動が激しいと、今迄の経験は役に立ちません。

猛暑が予想されるときは、1週間程早めに種を蒔くとか。

 

種まき時期について、明確なアドバイスがあると良いんですが。

 

これは、ホームセンターやテレビの野菜作りの番組を見ても情報は貰えません。

 

無駄です

近所に農家があれば、直接農業のプロに尋ねた方が間違いありません。

無ければ、日本であればどの県でもJAがあります。

JAで尋ねて下さい。きっと快く教えてくれると思います。

 

無農薬栽培の悲哀

虫はしつこいです。

秋の寒さが忍び寄ってきても子孫繁栄のために

子供の成長に役に立つ野菜を探し回ります。

 

蝶々は美味しい野菜を知っている

ご存じの様に蝶々はブロッコリーやキャベツが大好き。

蝶々の子供の青虫、綺麗な色ですが

 

食欲が半端じゃない。

キャベツなんか見るも無残に食い荒らされます。

ブロッコリーなんか食い荒らされてボロボロ。

 

見た目が良くても、洗うと容器の中が青虫だらけ。

 

冷蔵庫に入れても生き続けます。

ドアを開けたら内部は青虫だらけ。

 

やはり、ブロッコリー、キャベツ、白菜は最高なんでしょうね。

 

以前、がっかりする事がありました。

朝、通勤の途中で畑によった時、キャベツが丸々と大きくなっているのを見て、

今度の日曜日に収穫しようと思い畑を後にしました。

 

ウキウキ気分で畑へ行くと目を疑います。

キャベツはボロボロ、青虫がいっぱい。

とても食べる気にはなりません。

 

無農薬で野菜を作る、宿命ですね。

 

ブロッコリーも同じです。

 

一つ結論を言いますと

防ぐには

割りばしを持って行って、

2日おきに、1匹1匹摘まんで処分するしかありません。

 

本当にうんざりします。

蝶々の子供、青虫を処分するのも気が引けます。

やはり、可哀そうです。

 

では、どうすれば良い、対処法は、

虫除けネットを張る道がありました。

 

2年ほど前に、虫除けネットを利用してから

やっと、この悩みが解消しました。

 

虫除けネットや寒冷紗は、洗えば又使えますからね。

 

早く、利用すれば良かった。

寒冷紗は少し高いですが、虫除けネットは割と安いです。

 

体に良い効能

野菜は体に良い効能を与えてくれます。

勿論、ブロッコリーも健康に良いです。

  • ダイエットに効果がある 内臓脂肪の抑制に効果がある
  • 美肌効果
  • 肩こりや冷えの解消に
  • 抗酸化作用
  • ピロリ菌除菌
  • 解毒作用がある
  • 花粉症の抑制に効果がある
  • 悪酔いにも効果がある
  • 高血圧を予防
  • 便秘の改善
  • 肝臓の強化
  • ストレスに効果

がん予防や自閉症の改善にも役立ちます。

ちょっと調べたら、こんなに効果が出てきました。

 

やはり、ブロッコリーは凄いですね

 

 

ここまで読んで下さり、ありがとうございます。