あだり ほどり

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

冬の野菜は味が増す。鍋の食材に事欠かない。白菜や長ねぎの収穫方法。

初雪です。畑も一面雪化粧

寒いですねー

朝起きると一面の雪景色でした。

今は殆んど溶けて、屋根や木々に少し残っているだけです。

 

今日は畑へ行くのは止めました。

泥んこになるだけですから。

車の中も汚れるし、掃除が大変になりますからね。

 

昨日畑へ行き収穫しておいて良かったです。

土曜としては久々の休みでした。2連休っていいですね。

 

目次

 

鍋の材料を取りに行く

f:id:hiro-hitorigoto:20180708190320j:plain

 

我が家では日曜の夕食は来年春先までは殆んど鍋物です。

妻に頼まれ、食材を採りに行くことに。

まあ、余程の悪天候でない限り私は畑へ行きます。

ただ、ボーっと畑を眺めているのが好きなので。

 

春菊とかは庭にある小さな菜園で育っています。

これは妻の役目。

 

まず白菜を2個収穫する事に。

白菜を傾けて根を包丁で切り取りますが、良く切らないと切り口部分に

ミミズが残ってしまいます。

料理をしようと白菜を切り始めたら、これが出てきて誰かさんが悲鳴を

上げないようにとの親切心です。

 

車のバックドアを開けて荷台に新聞紙を広げます。出来るだけ汚さないためですが、

新聞紙を忘れるとえらいことになりますね。

新聞紙の上に白菜を置きました。結構ズッシリと重くて良い出来のようです。

でも無農薬栽培ですので剥き始めると青虫がいる事もあります。

 

そう言えば今年は青虫が少ないですね。

蝶々は普段と同じく沢山舞っていましたが、何か変な感じはします。

 

長ねぎを掘る

掘る時の注意ですが、今までスコップで途中を切ってしまったことが

何度もあります。

まず後ろ側から10㎝位離したところへスコップを入れ土を柔くします。

次いで表側の(苗を植える時に垂直にすると倒れてしまうので、若干苗を溝の壁面へ

もたせかけて苗を置きます。根っこの方が表です)地面に出ているところから

15㎝位離してにスコップを刺します。

長ねぎの見えないところを切る恐れがありますから。

 

再度裏側へスコップを深く刺して長ネギを持ち上げる様にします。

すると土と一緒に長ネギが浮き上がってきます。

面倒ですが、これが長ネギを傷めないで採るやり方です。

どうしても土が固くて深いですから、無理して引っ張ると傷つけたり、

ちぎれたりします。

 

もう一手間あります。

根っこを切ってから汚れているところを薄く剥いて、お店で売っている様にします。

こうしても冷蔵庫に入れれば10日位は持ちます。

農家さんの様に土がついた状態で置いておく場所はありませんから。

 

土が固くなってくると長ネギ採りは一苦労です。

土が凍って長ネギにくっ付いてしまいます。

そうなると薄皮は剥けません。そのままの状態で家の玄関の脇にでも

新聞紙にくるんで置いておくしかありません。

 

溶けてくれば必要な分だけ取り出して料理に使います。

 

サニーレタス収穫

もうお終いかと思っていたら、また葉が伸びていました。

嬉しいですね。

12株ほどあります。大きく伸びて良さそうなところを、ちぎって袋に入れました。

サラダの具になりまから。

 

ブロッコリーまだ元気

サラダと言えば、家のブロッコリーまだまだ元気です。

側花蕾だけ残りましたが、大きいので15㎝位あります。

今まで側花蕾がこんなに大きくなった事はありません。しかも、6個採れました。

普通の大きさのものはまだ沢山残っています。

雪が本格的になれば成長は止まると思いますが、楽しみですね。

 

残ったにんじん、どうしよう

良さそうなところは葉を切り落とし、畑の土の中へ埋めて置きましたが、

成長中の未熟なものはそのまま植えっぱなし状態です。

 

このまま春まで置いてたら花が咲きますよね。

食するには小さすぎますし、

小動物には丁度良いかもしれません。動物園へ寄付しようかな。

 

これからの収穫は一苦労

雪が積もって収穫が大変な時期が始まります。

大雪になるとどこに何があるのか分からなくなったりとかします。

 

埋めたものは長めの支柱を立ててあるので場所は分かりますが、

捨て穴に落ちないようにとか注意が必要です。

雪が解けた後も大変です。

泥の中での作業になる時もあります。

 

でも寒い季節になると大根や白菜、にんじん等は旨味が増してきます。

家庭菜園ならではの楽しみです。

店で売っているのとは全然味が違いますから。

 

でも寒かった。

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございます。