hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

日馬富士の引退 暴力が原因 引退相撲はあるか

暴力沙汰・・・結果引退

もう去年の事ですが日馬富士が引退しました。

普段日馬富士は、暴行癖、酒癖が悪いわけではない。

要するに酒を飲んだからの暴行では無い。

なぜこのようになってしまったのか不思議でたまらないと

16歳の少年の頃から見ている師匠の伊勢ケ浜親方も言っている。

 

勉強熱心で難病救済などにも関心を持っている。

しかし、横綱の名を汚したことは間違が無い。

本当に申し訳がありませんと弟子をかばいながらも共に謝罪した。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20180513143715j:plain

日馬富士も「横綱としてやってはいけないことをした。

場所中なので頑張っている力士たちに迷惑をかけたくない。

それで今日の引退声明になりました。」

と言っている。

 

 

私の職場では「カラオケのリモコンで殴った、場所の成績が悪いので

酔っぱらって、うっぷん払いでやったのだ」と、

面白がって何人かが言っていた・・・。

 

まあ、世間ではいろいろ取りざたされていると思うが

やはりどんな理由があるにせよ、暴力は駄目・・・他に手段はなかったか・・・

暴力をいったん許すと日常化するかもしれない。

 

学校の生徒のいじめや、気にくわないと考えられない暴力を無抵抗な生徒にふるう、

ごく一部の性格のゆがんだ先生たちに弁解の余地を与えてしまう。

 

状況を振り返ってみよう

白鵬貴ノ岩の普段の言動に注意をしていた。

社会人としてしっかりとした人間となれと説教をしている時

貴ノ岩スマホをいじっていた。メールの相手は彼女・・・

 

傍らでそれを見ていた日馬富士は初めは貴ノ岩をかばっていたが。

いつまでもスマフォをいじっている貴ノ岩日馬富士が注意をすると

逆に日馬富士をにらみ返した。

普段から貴ノ岩を可愛がり面倒を見ていた日馬富士はついに怒りを爆発させた。

 

マスコミの話として数十回殴り、カラオケのリモコンで殴ったとある。

一時はビール瓶で殴ったとのその場にいた人の話を伝えていたが

ビール瓶で殴ったというのは誤認で、何かの瓶を日馬富士が握ったが

白鵬が取り上げたというのが事実らしい。

 

優勝記者会見で白鳳が

日馬富士貴ノ岩を再び土俵にあげたいと」言っていた。

一部始終を見ていた白鳳は、大変な事になったが、ペナルティは当然としながらも、

何とか土俵に復帰させたいと心から願っていると感じた。

 

日馬富士は記者会見で貴ノ岩に対して

「けがを負わせて、心も傷ついていると思います。

これから礼儀と礼節を忘れずにちゃんとした生き方をして

頑張って行って欲しいと思います」

 

本人は「20年の東京五輪まで横綱を務めたい」と言っていた。

横綱になり力士としては小さめの体で奮戦し、途中から満身創痍の体で頑張り、

9回優勝というのはすごいと思う。

 

 

被害者の貴ノ岩は相当普段の態度が悪かったようですね。

横綱貴乃花は注意しなかったのか。

ちょっと疑問が残ります。

 

最後に日馬富士の記者会見の話を記して終わりとします。

(ヤフージャパンニュースよりそのままです)

 

「16歳で母船から海を渡って、父船である日本にやってきて、

親方、おかみさんのもとで、人様に迷惑をかけないように、

人としてちゃんと道を教えていただき、育ちました。

相撲を通じて、縁があった方々そして、私を支えて応援してくれた

ファンのおかげで、第70代横綱になることができました。

私は日本を愛しています。日本の国技を愛しています。

ファンの皆様、心から感謝を申し上げたいです」

 

 

日馬富士 引退相撲は? 断髪式は? 退職金は?

貴ノ岩への暴力事件を起こした責任を取り、自ら引退をした日馬富士

引退相撲や断髪式を日本相撲協会は執り行ってくれるのだろうか。

そして功労金や退職金はどうなるのだろう。

 

朝青龍の場合は

同じ様な事件を起こした元横綱朝青龍の場合を例にとってみましょう。

朝青龍は一般の男性に酔って暴行を加えてしまいました。

 

横綱審議委員委員長から引退勧告書を提出され、それを受けて2010年2月に引退しました。

暴行事件を起こしたのは1月です。

 

傷害の疑いで書類送検されましたが、2000万円で示談が成立しました。

 

その結果、朝青龍は不起訴になりました。前科も付かなかったわけです。

 

モンゴルや日本の首相が参列し、引退相撲も断髪式も日本国技館で行われました。

2010年10月3日の事です。

退職金3685万円

特別功労金1億2000万円(推定)元横綱貴乃花に続いて史上2番目の金額です。

引退後に支払われる懸賞金は協会で積み立てられていますが、

それを合わせると3億4000万円(推定)


日馬富士の場合はどうでしょう

日馬富士は自ら引退しました。勧告されて引退した朝青龍とは違います。

引退相撲朝青龍と比較したら自ら責任を感じて引退したのだから、

当然相撲協会から許可が出ると思います。

 

任意の引退なので権利はあります。

 引退相撲は関取を30場所以上勤めれば資格はあります。

当然日馬富士は資格があります。

 

気がかりな事実があります。

鳥取区検が12月28日、元横綱日馬富士を傷害罪で鳥取地裁に公判請求ではなく

略式起訴しました。

略式起訴とは「100万円以下の罰金、又は加料を科す」。

分かりずらいですね。

 

要するに簡略されて手続きされた手続きによる裁判を求めて、起訴するという事です。

 

日馬富士は2018年1月 罰金50万円の略式命令を鳥取簡裁から受けました。

 

罰金を受けた。

要するに罪を受けたという事です。前科が付いたという事です。

 日本相撲協会が望んでいたのは示談で済ませ買ったのでしょうが、

何しろ被害者の部屋の貴乃花親方が全く事情聴取に応ぜず、事が進みませんでした。

 

貴乃花親方が警察に被害届を出したのは周知の事実です。

 

八角理事長はこの様なことにならないように苦心していたんでしょうね。

 

被害者の親方の貴乃花と話し合いをし、示談で済ませば良かったのに・・・

と思う人も多いと思います。

 

前科が付くと、日本人への帰化も難しいし、親方にもなれなくなる可能性大です。

 

日馬富士に有終の美を飾って欲しという思いで、この記事を書いていましたが、

結果は残念なことになりました。

 

私は、日馬富士が何となく気になる横綱で、割と好きでした。

結構、金星を提供してましたが、技能的な技で相手を破ったり、

今場所は駄目だなと思っているうちに、いつの間にか優勝したり。

 

力士としては体重が軽い方かもしれませんが、

その体で横綱に迄なり、満身創痍で頑張っていた姿が今でも目に浮かびます。

 

序の口優勝、三段目優勝、十両優勝を含め13回優勝だったと思いますが。


日馬富士は依然この様に語っていました。

お客さんを喜ばせる激しい相撲を取りたい

 

横綱千代の富士の相撲を参考にしている

 

この言葉も思い出します。

 

私個人の考えですが、引退相撲、断髪式は行うべきだと思います。

大勢のファンが見に来ると思います。

 

わざわざ、罵声を浴びせに来る人も若干いるかもしれません。

何故、暴行事件を起こし前科までついた力士を厚遇するのかと

疑問を持つ人も沢山いるかと思います。

 

でも、惜しまれつつ髷を下す日馬富士を見て、如何に人気があっても、

実力があっても世間を騒がす事件を起こせばこうなると、

他の親方や、これから相撲界を背負う力士たちにも、

一般の青少年たちにも良い教訓となるはずです。

 

いつの間にか日本から帰国し、相撲協会も何もしなかったと後

から聞かされるような事が無いよう望みます。

 

闇から闇へ葬るのではなく、日馬富士には気の毒には思いますが、

「罪を憎んで、人を憎まず」という言葉もあります。

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございます。