hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

変なおじさんが、ついに我が家に来てしまった。

他人の家の前で怪しげな呪文

今日、読者になっている人の記事を読ませて頂きました。

散歩中に出会ったおじさんに、嫌な思いをされたようです。

 

記事を読んでいるうちに、同じような経験をした事を思い出しました。

人間って面白いですね。

ちょっとしたきっかけで、忘れていた事を思い出す。

 

定かではありませんが東日本大震災より前の事だったかな。

世の中にはいろんな人がいます。

そんな人に出会った人は不運です。

 

目次

 

嫌なおじさんでした。

黒いミニチュアダックスフンドを連れているおじさんです。

70歳は越している感じです。

首には長い数珠をかけています。

 

たまに見かけるのですが、様子がかなり変なのです。

近所の家の玄関の前で家に向かって

何やら呪文を唱えて奇声を発します。

 

「変なおじさん」だなと感じていました。

顔も青白いし、まず雰囲気が怪しげです。

新興宗教にこっているのかな。

相手にならない方が良いなと、見て見ぬふりをしていました。

 

犬も嫌がっている

犬も何やら嫌がっている様で、飼い主に近づかない無いようにしています。

目が怯えています。

私も犬を飼ったことがあるので何となく分かります。

 

祈祷みたいのが終わると犬を引きづる感じで歩き始めます。

犬もめいっぱい離れて、飼い主の方を見ていますが、

はたで見ていても気の毒な散歩犬です。

いや、散歩とは言えないですね。ストレスが酷いでしょうね。

 

その「変なおじさん」の歩き方も不気味で

歩幅が極端に短く、スーッと滑って行くような感じです。

 

この家には悪霊がいる

出会えば仕方が無いので会釈だけはしますが、

「変なおじさん」は会釈は返さづ、じろっと私の方を睨めつけていきます。

「いやなおやじだな」

犬は相かわらずオドオドした感じでついていきます。

 

ある日、駐車場から車を出そうとした時です。

車の前を塞いで動こうとしません。

あの「変なおじさん」です。

志村けんの「変なおじさん」みたいに愛嬌のある感じではありません。

 

「車を出すので、どいてくれますか。危ないですから」

私が言っても動こうとしません。

仕方が無いので車を降りて近づいて行くと

 

たまたま表に出ていた近所の奥さんが

私に顔を振りながら何か不安な感じで私の方を見ています。

「相手にしないで」

と言おうとしているのは分かりましたが・・・

 

「どいてくれないと、車を出せないんだが」

犬はびくびくしながら、「変なおじさん」と私を見ています。

 

私を振り返り、突然言葉を発しました。

「あんたの家には悪霊がいる」

と言うと数珠を手に取り呪文を唱え始めました。

 

ついに頭に来ました。

「縁起でもない。止めろ」

すると「変なおじさん」は

「なにーっ」と私を凄い形相で睨みつけてきました。

 

「薄気味悪いから、止めろと言っているんだ」

私もにらみ返しました。

 

にらみ合いは続きましたが、

ついに諦めてその場を立ち去りました。

何度も振り返り、私を睨みつけながら。

 

家では暴君

家族に聞いた話ですが、家ではかなり凶暴で。

奥さんが日ごろ町内で迷惑をかけている事を注意すると

物凄い暴力をふるうそうです。

 

近所に悲鳴が聞こえて警察沙汰にもなったとか。

家族に言われました。

「何をするか分からないから相手にしないで」

 

とは言われても、今度同じことをされたら黙って引っ込むわけにもいかないし。

本当に迷惑な「変なおじさん」です。

 

ついに隣のご主人と大喧嘩

会社から帰ると私を待っていたのか、妻に言われました。

「あの変なおじさんと隣のご主人と喧嘩になって」

「ほう、やっぱり」

 

隣のご主人は見るからに

元ヤンキーって感じの人でもあります。

子供どうしも仲良しで、

下の子は殆んど毎日我が家に来て遊んでいました。

 

そのご主人と大喧嘩になった様で。

手は出さなかったようですが、かなり怒鳴りつけて脅かしたらしく、

私と同じように「悪霊が住んでいる」

と言われたのが原因でした。

 

その後、家の前の通りには姿を見せなくなりました。

2、3人の家から怒鳴られば、さすがに来づらいのかも。

公園に向かって数珠を振り回し騒いでいるとかの

噂は耳にしました。

 

その後、何か月かしてから風の噂で

「変なおじさん」は帰らぬ人となりました。

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございます。