hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

ひな祭り 楽しいメニュー

何を食べたい ひな祭りの料理

ひな祭りにはどんな料理を食べたいですか。

f:id:hiro-hitorigoto:20180524165043j:plain

ひな祭り、昔の人はひな祭りに
何か特別な料理を作って祝っていたのでしょうか。


ひな祭り 日本では皇の結婚式のお祭りといわれています

 

ちらし寿司は美味しかった

3月3日は楽しい「ひな祭り」です。子供の頃、母親が「ちらし寿司を」作ってくれて

家族みんなで食べた思い出があります。

 

美味しかった。女性は母親だけで、あとは男ばかりの家でした。何故か家では毎年やっていた記憶があります。

 

後で聞いた話では、最初と2番目、お腹に宿した赤ちゃんは「水子」でした。

2人とも女の子だったそうで、母親としての気持ちがそうさせたのでしょうね。

兄から聞いた話で、その事は誰も母親に聞いたりはしませんでした。

 

ちょっと思い出したのでこんな事を書いてしまいました。

 

昔は何を食べたのかな

本題に入ります。

昔の人は「ひな祭りに何か特別なものを食べていたのでしょうか。

 

桃は体に良いという事で、桃の花を漬けた酒を飲み、桃の葉が浮いているお風呂に入り邪気を祓うという慣わしがありました。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20180524162451j:plain

桃には昔から中国では「不老長寿の仙果」と言われ、邪気を祓う魔除けの力があると言われていました。

 

神秘的な果物とみられてきたのには他にも理由があります。

鎮静剤や鎮痛剤の効能もあります。

果肉より、皮の部分に薬効があります。

皆さん、捨てているところですね。皮のまま食べた方が良いと思います。

 

孫悟空が桃を食べて不老不死の力を得た話もありますね。 

f:id:hiro-hitorigoto:20180524162733j:plain

日本の古くから伝わる端午の節句とかの行事には、それぞれ「行事食」というものがあります。

 

節句の一つである「ひな祭り」にも行事食があります。

「ちらし寿司」が代表的ですね。

 

ひな祭りの由来についてはこちらをご覧下さい。

www.adarihodori.com

 

中国にちらし寿司があったかどうか定かではありませんが、とても美味しいですよね。

日本でもいつからちらし寿司が始まったか、はっきりとは分かりません。

 

日本のちらし寿司をご紹介する前に

ちらし寿司の原型かもしれない

バラ寿司
というものがあります。バラ寿司をご紹介します。

 

バラ寿司備前岡山藩主の池田光正が「一汁一菜令」という命令を藩全体に出しました。

一汁とは汁物一杯、一菜とは副食を一つだけ。要するに倹約令です。

 

聞こえは良いですが栄養がまるで足りませんね。育ち盛りの子供は勿論、農作業をする人に必要なエネルギーがまるで足りませんし、食事の楽しみもありません。

 

でも、庶民の方で頭の良い人がいます。

色々な野菜や魚などを混ぜ込んだ寿司めしを考えました。

これをご飯に混ぜれば「一菜」です。おかずでは一つという理屈です。

これがちらし寿司の原型ではという説があります。

 

ひな祭りの食べ物

「ちらし寿司」

f:id:hiro-hitorigoto:20180524160649j:plain

やはり「ちらし寿司」ですね。色々な具をのせますが、それぞれ意味があります。

一例として

  • えび=腰の曲がるような年まで元気で長生きしたい。
  • れんこん=将来の未透視が聞くようにとの願い、穴が開いていますね。ここから覗くのかな。
  • まめ=まめに働き、まめに生きたいという願いです。


ハマグリのお吸い物

f:id:hiro-hitorigoto:20180524163322j:plain


貝合わせの遊びにもありますが、対の貝でないとぴたりと合いません。

この事から「仲の良い夫婦」を意味しています。一生、一人の人と添い遂げられますようにとの願望があります。

 

ひなあられ

f:id:hiro-hitorigoto:20180523171858j:plain


ひな人形に外の野山を見せてあげようと「ひなの国見せ」という風習があります。

雛あられは3色ありますが、それぞれ意味があります。

  • 桃色=生命のエネルギー
  • 白=白とは雪、大地のエネルギー
  • 緑=植物、特に木のエネルギー
  • 菱餅


雛あられと同じ色ですね。

色の着色は何を使っているのでしょうか。

また、効能をご紹介します。 

  • 桃色=くちなし 解毒作用
  • 白=ひしの実 血圧を下げる
  • 緑=よもぎ 造血作用があります。

 

桜餅

f:id:hiro-hitorigoto:20180524163801j:plain


塩漬けにされた桜の葉で包んだ和菓子ですね。

昔、京の都で作られた和菓子の流れに沿ったものと、

江戸時代になって庶民の中から生まれたものの2つあります。

葉には若干の毒性がありますので、食べ過ぎないようにして下さい。

 

白酒

f:id:hiro-hitorigoto:20180524164048j:plain


昔は桃の花を刻んでお酒に浮かべて飲んでいました。

でも、白酒は子供は飲んではいけません。

ノンアルコールの甘酒にしましょう。

アルコールは子供の成長にとんでもない影響を与えます。

昔の人が白酒を飲んでいたのは大人でしょう。

子供の厄を祓い、健全な人間となる様、願いを込めて飲んでいたのです。

 

勘違いして大事な子供に白酒を飲ませない様に強く望みます。

 

今年も、家族皆さんで、ひな祭りを楽しんで下さい。