hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

家猫のトラが死んだ。 突然居なくなると寂しい。今も思い出す。

今も家族です。

仏壇の脇に小さな箱があります。

その上に、綺麗な袋に包まれた骨壺があります。

家の飼い猫のトラの遺骨が入っています。

 

もう2年ほど前になりますが、初めて飼った猫が他界しました。

正確に言えば2匹目です。

1匹目は生まれて間もない赤ちゃんで、2、3日後に死にました。

 

18年位前かな、トラが我が家の家族になったのは。

 

 

家族は誰もペット斎場に収めようとは言いません。

今でも家族なんです。

 

目次

 

ペットとの生活は楽しいですね。でも、いつかは別れの時が来ます。

長年飼っていたペットが旅立ちました。

野良猫それとも飼い猫、

道の向こう側で猫が私を見ている。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20180428215152j:plain


ちょっと前に突然他界した飼い猫の事が頭をよぎる

私の家の飼い猫の話をしたいと思います。

いつも通りのしぐさ、

今日もうちの猫が傍にすり寄ってきた。足に体を摺り寄せてナデナデを要求している。濡れている鼻を私の足にこすりつけている。撫でていると飽きたのか両手で私の手を挟み付けて振り払う仕草をした。

 

何時もだと気まぐれな猫は少し爪をたてる。急いで振り払うと傷をつけられるが今日は妙にやさしい。いつもの窓際の定位置で寝そびれる準備をしている。

 

猫の名前は姿そのままのトラ。安易な名づけだな。

 

私は庭で小さい畑を作り、旬の野菜を育てている。記録的な長雨でトマトが酷い状態になっています。ちょっと様子を見に庭に出た。案の定、色が悪いし、結構虫の穴が開いているのが多い。ちょっとがっかりな今年の夏である。

 

妻が大事にしている植物の葉に揚羽蝶の幼虫がたくさんいて、葉を食い荒らしているのを見つけ駆除している時、家の中から妻の声がしました、何にかなと思い、戻ると妻がソファーにしゃがみこんでいる。傍に娘もいる。トラが横たわっていた。

 

トラが死んだ。16歳の夏 珍しく少し晴れている。

妻が頭を撫でている。じゃらして遊んでいるのかと思ったが全然動かない。慌てて胸を撫でて、心臓の辺りを押してみたが反応なし。呼吸をしていない。10分前には元気だったのに。

  

妻がだらんとしている舌を口の中に優しく押し込んでいた。半開きの目も撫でる様にして閉じてやった。

 

トラは息子が小学生の頃、所属しているサッカークラブの監督から貰ってきた。飼っている猫が子を産み、頂く約束をしたようである。

 

トイレとかの躾を受けてから頂くことになっていて、私以外は待ちどおしかったらしい。

 

私が初めてトラと会ったのは、家に帰っていつものようにソファーの定位置で胡坐をかいている時で、見慣れぬ生き物が私の前に現れ、毛を逆立てて威嚇している。その姿は、幼いながらさすがにトラ科(調べたらネコ科でした)と思わせたが、なにぶん子猫で迫力がない。

 

私はどちらかと言うと猫は好きではない。小学校の頃からよく化け猫の映画を見せられたせいかもしれない。

 

何が大変かというと、家猫にしたいので外に出さないようにすることだ。よく車に轢かれた無残な猫を見るからです。

 

猫は普段は用心深いが、突然車が近づくとびっくりして止まらずそのままかけていくのが原因である。

 

そんな訳で一応家猫にしたつもりだが結構無断外出はした。一回出ていくと2時間は帰ってこない。普段は出さないようにしているのだが、つい忘れて不用意にドアを開けると、後ろからついてきて私をすり抜けて四方を見渡している。

 

アッと思う間も無く「行ってきまーす」てな感じで走り出す。大体最初は車の下に入って様子をうかがっている。呼べど叫べども来ない。この辺が犬と違うところである。

 

仕事に遅れてしまうので轢かないように超低速で車を動かすが、本当にひやひやものである。

帰宅してから家族に聞くと、2時間位で戻ってきたらしい。

 

猫は行動範囲が狭く、大した距離は移動しないらしいが

やはり事故とか病原菌を持って帰ったりするのが心配で、戻ってくると掴まえて風呂場に直行だ。嫌がるトラの全身をシャンプーで洗濯だ。妻とトラが浴室で大騒ぎしている。

 

何回目かに脱走した時には向かいの女の子に「トラちゃん」と呼ばれている。ちゃっかりしたもので頭を撫でられてなついている。

 

でも呼んでも戻ってこない。どこかの家では違う名前で呼ばれているのかも。

 

食事を済ませて晩酌を楽しむ。頃合いを見計らって玄関ドアを開けるとトラが座ってこちらを見ている。

 

ニャーンと泣きながら入ってくるが、まるで「なぜドアを早く開けないんだよ」て言っているようだ。勝手なもんだ。

 

トラはトイレは必ず家の中の指定の場所でする。「お腹がへるかトイレを催すと帰ってくるんだよ」と妻が笑いながらよく言っていた。

 

トラは去勢することになりました。妻が動物病院に連れて行ったようです。オスは盛りが付くと家の中が臭くなると誰かに聞いたようです。

 

帰ってからその話を聞いた時、なんか変な気持ちがしました。何となく元気のないトラが毛布の上に座って私を見ています。

 

歯が悪い 猫のくせに着地失敗

猫の歯は大人で30本。そのうち長い鋭い犬歯が2本。小さい頃2階の踊り場から飛び降りたのだが、残念ながら着地が下手で顔面着地をしてしまった。そのことを聞いて笑ってしまったが・・・。

 

何日か経ってトラがうずくまって苦しがっている。妻が直感でひょっとして歯が痛いのではと言い、動物病院へ連れて行った。

 

案の定、犬歯を痛めて化膿したとの事。帰って来たトラの口から犬歯が1本消えていた。早く気が付かないで可哀そうなことをしたと心から思った。

 

あくびをするたび犬歯が無いのを見ると可哀そうになと思う反面、ひょうきんな顔になったなと感じた。でも、他の猫は1回転して上手に着地するのに・・・。

 

ある日2階の出窓を開けて外を眺めているとスーッとトラが飛び上がってきた。アッと思う間も無く屋根に飛び降りた。あいつ降りられるのかと不安になって下を見ると、案の定屋根をうろうろと端から端まで歩き回っている。

 

着地に失敗して歯を痛めたことがトラウマになっているのかもしれない。

 

窓の下からこちらを見上げている。上がれない。仕方なく屋根に降りようと思ったが結構な高さである。やっと屋根へ降りた。

 

トラは大人しく座って待っていた。抱き上げて手を伸ばし出窓へ上げてやったが、今度はこちらが上がるのが大変。結構生き物を飼うのは骨が折れる。

 

でも、もうトラはこの世にはいません。

トラは市のペット葬祭場で火葬にした。娘が可愛い骨袋をプレゼントしてくれました。

 

近所の方から頂いた花と好きな餌の缶詰めに囲まれて・・・。 幸せなトラ9月1日永眠

 

トラの話の続きを書きます。よかったら読んでください。

www.adarihodori.com

 

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございます。