あだり ほどり

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

開花宣言、はやぶさ2のクレーター作戦成功。ツバメが来た。1日に3HAPPY。

もうすぐ午後9時です。

今日は家に帰ったのが遅く、パソコンを起動するのも遅くなる

購読している皆さんの記事を読ませて頂き

さて記事を書こうかなと思ったら、こんな時間に

いつも10時前には寝室に行くので

さて、今日は書けるかな、それとも書くだけ書いて

続きは明日かな

なんて考えながら指を動かしています。

何時でも書ける人が羨ましい

でも人それぞれなので、自分は自分のペースで。

 

追伸

やはり睡魔に負けて寝る事にします。

もう駄目、俺は眠い。

 

 

目次

 

昨日の続きを書きます。

昨日はめでたい事が3つもあった

昨日、私の住んでいる町の隣 仙台は21.2℃で暖かいと言うより

暑かったです。

でも昨夜は雨が降っていましたね、今日の予想最高気温は14度くらいで

変な天気が続いています。

毎年恒例の冬と春のせめぎあいです。

 

そんな4月5日、嬉しい事が3つありました。

ご紹介しますね。

 

ソメイヨシノ開花宣言

仙台管区気象台開花宣言をしました。

「何の ? 」

何のってこの時期開花と言ったら桜でしょう。

去年より6日速いそうです。

 

皆さん開花って分かりますか。

中途半端じゃなく完全に開かないと駄目です。

雄しべとか雌しべが完全に見えるくらいに花弁が開かないと

開花とは言えません。

 

それが5、6りん開くと開花宣言となります。

 

はやぶさ2のクレータ作戦が成功の模様

f:id:hiro-hitorigoto:20190406145900j:plain

作日のお昼のニュースかな

はやぶさ2が人工的にクレーターをりゅうぐうに作る実験に成功したと

みられる。

あやふやな言い回しですが、はやぶさ2がりゅうぐうの上空に戻って撮影すれば

はっきり分るとの事。

 

インパクターという衝突装置が金属をりゅうぐうへ撃ち込み、

その後はやぶさ2は飛び散る岩石等が機体に衝突して損傷しない様に

りゅうぐうの下部分へ避難しました。

 

成功したと見られるという根拠は

はやぶさ2から分離された小型カメラに衝突時の模様が映し出され

りゅうぐうの表面から砂の様なものが噴出したとの事です。

噴出物は高さ数十メートルと発表されています。

この結果成功したとみられるとの発表になりました。

人工的にクレーターが作られた可能性が高いという事ですね。

 

クレーターを人工的に作った意味は

小惑星りゅうぐうにクレーターを人工的に作ると次のような事が期待されます。

まず、この様な実験は世界初ですが

  • 詳しい観測や資料採集が出来る
  • 小惑星や太陽系の歴史を知る事が出来る
  • 地球に衝突する小惑星を避ける事も期待できる

何とも凄い実験ですね。

記者会見で  JAXA のプロジェクトマネージャーの津田雄一さんは

このように語っています。

「私たちは宇宙探査の新しい手段を確立した。

これ以上望むものの無い成功だ」

 

どこぞの女性議員が何年か前に言っていましたね

「1位で無ければいけないんですか ? 、2位では駄目なんですか ? 」

1位をめざしたから今回の快挙が達成できたのだと思います。

2位を目指せば10位にも入れないし、世界初の偉業も達成できなかったのでは

こんな事を思うのは私だけでしょうか。

 

ツバメめが来た

帰宅すると黒いものが飛び立ちました。

あれ何だろうと思い外を見ると2羽のツバメが電線に止まっています。

ツバメのつがいが今年も訪れました。

第1号のツバメさんです。

 

HAPPY ばかりではありません。

ツバメが来ると春の訪れを感じますが、お目出度いばかりではありませんね

玄関前のひさしの内側に巣を作るので、玄関のあたりがフンだらけになりますし、

 

カラスは今は寄らなくなった

以前、カラスに襲われたことがありますが

知人のアドバイスで釣り用のテグスを張る事で寄らなくなりました。

カラスは頭が良すぎてテグスが何故ここにあるのか理解できず、

近くに寄らなくなります。

 

青大将君が遊びに来る

雛が生まれた頃を見計らって蛇がやってきます。

だいたいは青大将ですが、今まで何度か雛が飲みこまれています。

襲う前に見つける事が出来れば撃退は可能ですが

夜中とか早朝に彼はやってきますから

そうなれば後の祭りですね。

 

ほぼ全滅した時も

鳥インフルエンザかどうか分かりませんが、親鳥を始めとして

飛び立つ寸前のツバメの親子が次々と死んだことがあります。

様子が変なので巣を覗き込んで分かったのですが

生き残ったのは2羽だけだったのかな、後で巣は壊しましたが

 

なんやかやと気を遣う季節がまた始まります。

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございます。