hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

いじめ 加害者は卑怯な行為と認識できない

教師がいじめの主役 信じられない

教師が体罰をする、それを見て同級生が真似をしていじめをする。 被害者にとってはこの世の地獄 行き場が無い。

 

被害者の生徒は死を選んでしまった。

 

仙台市青葉区折立中学校での生徒への体罰。クラスメートからのイジメ。

これは精神的に未熟な教師からの生徒へ対する虐め(イジメ)から始まりました。

生徒からのイジメが発端では無いんですね。

 

体力的に圧倒的に生徒より上の人間が感情に任せて生徒をなぶる。

人生を指導するはずの教師が、頭を殴ったり、女の教師は授業中に五月蠅(うるさい)いという理由で口にテープを貼って喋れなくしたり。

 

事件発覚後、教師の体罰は初めは表に出なく、子供たちへのマスコミの取材で明らかになった。

 

その教師達も今かなり心中穏やかではないだろう。全く情けない人間だ。

いずれにしてもこれは陰湿と言うか、何のために口があるのか。口より先に手が出るのではあきれ果てたクズ人間だ。教師とは子供を指導し、その発達を助け、促す人と私は認識している。

 

教育委員会は事なかれ主義の学校側の言い分だけで、ろくに調べもしないでアクシデントとして始末しようとしたが周りがうるさくなり再調査を始めた。

 

教育委員会の発表だけでは心もとないのでので警察にゆだねた方が賢明かもしれない。実際の事はこれから判明されるだろう。全く困ったものだ。

 

先生がこの有様なので性格の悪い一部の生徒は真似をしていじめを始めたのだろうか。無抵抗でいると味を占めて繰り返す。

 

そして、2人、3人といじめがグループ化されていく。頭に消しゴムのかすをまかれたり、わざと足をかけて転ばし大けがをさせたりエスカレートしていく。虐めグループはかなりの人数に上ったようだ。

 

その少年はトイレの前でしょんぼりしていたという。誰もかばってやるものがいなかったのか・かばうと自分もいじめられるのではないかと躊躇してしまったのか。いずれにしても異常な状態にそのクラスは陥ってしまったのだろう。

 

止めるべきの先生がその有様では自殺した生徒は毎日地獄のような気持でいたのだろう。

自殺する前日か友達に「僕が死んでも誰も悲しまない」と言ったそうである。相当に追い詰められていたのだと思う。

 

仙台ばかりではないが町のいたるところに子供110番の標識を掲げてる家がある。いじめ110番の電話相談もある。それが思いつかないほど追い詰められていたのだろうか。相談したら尚更いじめられるのではと思ってしまったのか。

 

後の体罰の生徒へのアンケートで小学校でも態度が悪いという理由で胸倉を捕まえられたり、耳を引っ張られていたのを見ていたとの事、クラス全体の為の人身御供の様に扱われていたのか、その教師たちを尋問しなければわからない。

 

フィギュアスケートの金メダリストの荒川静香さんも小学生の時かなり酷いいじめを受けていたという事を聞いたことがある。彼女はそれを克服して大成した。本当に誰か救いの手を差し伸べていればと悔やまれる。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20180603190005j:plain

いずれにしても彼はこの世にもういない。あの世でも一人寂しくしているのか、全く気が滅入ってしまうような事件だ。

 

教育者と行政のトップは自覚を持つように

仙台市の一応最高責任者である奥山前市長も仙台市教育委員会の教育長もマスコミが報道してから慌てて動き出すのではなく、普段からいじめ問題に積極的に関与してほしかった。子供たちに安全で楽しい学校生活をおくってもらうためにも。

 

新しい市長は前任者より積極的に動いているようですが、体罰を報告しなかった2人の教員を厳しく罰してほしい。

 

まず教員の教育を率先して始めて欲しい。

 

犠牲者が出てからでは遅すぎる。