hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

今年も豊作 じゃがいも掘り・・・

運ぶ時が要注意。じゃがいもは結構重い

梅雨の季節なのに日曜の前日まで奇跡的に3日間晴れ。

6時前に起きて朝食用のおにぎりを購入しようと思い、途中コンビニに向かうと突然霧が発生してきた。

 

10m先が見えない。対向車線から白い車が突然現れる。

ビックリしますよ。

 

まあ、なんやかんやありましたが畑へ着きました。

 

シャベルが壊れるくらい土が固い

じゃがいもの茎を引き抜こうとしましたが、結構土が固く簡単に抜けませんでした。畝の3分の1位やっと引き抜きましたが、何となく今日は大変かもと思いました。

f:id:hiro-hitorigoto:20180626203545j:plain

抜いた茎の中心から両側へ30㎝位の辺りをシャベルで土を掘り返しますが、重い。

高温の晴れ間が続いたので土が固くなっています。

 

いよいよ、じゃがいも掘りです。慎重にスコップで根付の茎を抜いたところを掘っていきます。

出ました。結構大きいのがある。出てきたじゃがいもを脇の方に置いていきます。

 

かなりの数のじゃがいもが出てきます。嬉しくなって掘っていると突然変な感じになりました。

 

シャベルを見ると手で持つ方がぐにゃりと曲がっています。

すごく掘りづらくなりました。

 

途中で止める訳にもいかないので変な姿勢で掘る事になりました。

やっとすべて掘り終わりました。

 

かなりの数です。大きいのから小さいのまで形は様々ですが、普通に売っている大きさのが一番多いです。

 

段ボール箱を運ぼうとしたら腰が

鼻歌まじりで段ボール箱に詰めました。

作業を続けていると、箱が足りなくなりました。

例年だと充分間に合う数の段ボール箱を用意したのですが、入りきれません。

まず車に運ぼうと一つを持ちあげたら腰に違和感が・・・。

 

やったーと思いました。

このまま、じゃがいもを置いていくわけにもいかず、ゆっくりと運びましたが、運び終わった頃は膝も変な感じです。

 

皆さんも注意して下さいね。中腰で長く作業をした後に急に重いものを持つと腰に影響が出ます。

 

ゆっくり腰を落として静かに持ち上げて下さい。何しろ1箱で20~30㎏位ありますからね。私もこれから注意します。

 

てなわけで、家まで運びました。下記の写真です。

f:id:hiro-hitorigoto:20180626201721j:plain

チョット暗かったので加工したらこんな感じになってしまいました。ごめんなさい。

小さいのは残しておくと、来年別なものを植えた時に残した子芋から芽が出てきて邪魔になりますので、あまり小さいのは家へ持ち帰りごみとして捨てて下さい。

 

じゃがいもは「ナス科」なので、連作は出来ません。3~4年は同じナス科の野菜は植えない様に。

 ナス科にはトマト、なす、ピーマン等があります。

 

私は、じゃがいもの後は同じところに「アブラナ科」の白菜の種を蒔きます。

これも成功すると結構重いです。腰には注意します。

 

追伸です。腰は大分よくなりました。仕事も休まずに済みました。