hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

初めて野生のカモシカを見た

ラッキー カモシカと遭遇した。

仙台市に隣接する富谷市を走る国道4号線を横切り、山間に入り暫くするとダムがある。

 

それを通過して短いトンネルを2つ抜けると長い下り坂だ。

 

都会の人には信じられない程凍結して危ない坂である。毎年派手なスリップ事故が起きる場所である。間もなく車は危険で通行止めになる。

 

 実は私もここでスリップ事故を起こしました。結果は自損です。他人には迷惑をかけづに済みましたが、制御不能の車はガードレールの隙間をすり抜け、林に飛び込み木に激突してやっと止まりました。車は当然大破です。

 

私? 奇跡的に無傷でした。駆けつけた警察官のたっての要請で病院に行きましたが、異常なしでした。

 

 慎重に坂を下って暫くすると墓園の入り口に着いた。仙台市のいずみ墓園です。

 

ゲートを抜けて長い上り坂を行くと墓園が広がる。お寺のそれと違って宗派の違う様々な墓が規則正しく並んでおり、共同墓地の雰囲気を醸し出している。

 

周りを林に囲まれ風景は単調だが、変わったデザインの物もあり見ていると結構退屈しない。

 

その前に墓参を済ませようと雪を踏みしめて歩いている。私も用事を済まして車で移動していると奥の墓地拡張の工事現場に行き当たった。

 

何かいる 熊か

かなりの広さだ。進入禁止なので車を降りて眺めていると、山を切り崩したところの中間あたりに2つの生き物がおり、こちらをじっと見つめている。ちょっと遠いのではっきりとは見えない。

 

出会った時カメラを持参していなかったので、
無料画像を使わさせていただきます。

f:id:hiro-hitorigoto:20180504114832j:plain

この辺は熊が何処にいてもおかしくない所なので、冬眠が出来ずにいる熊かと思った。熊だったら襲われるなと思い車に戻ろうとしていたら近くにいた作業員さんが「あれはカモシカだよ」と教えてくれた。

 

カモシカは好奇心が強く、人間を見に来るんだ」と作業員さんが又教えてくれた。

私が見られている興味があるのかな。ひょっとして親子かも。

 

「子供よ あれが人間だ 危険だから傍に行くなよ」 なんて教えていたりして と私が言うと「そうかも」と笑っていた。

 

のどかでいいな。それにしても私は画像以外では初めてニホンカモシカを見た。結構長くこちらを見ていたがそのうち2頭とも姿を消した。

 

ちょっとカモシカについて調べてみました。

 

ニホンカモシカ

  • ウシ科 カモシカ
  • 体長 105~112㎝超  体重 30~45㎏
  • 角はやや後方へ湾曲
  • 落葉、広葉樹林等に生息

   下北半島では海岸線付近で見られることがある

   崖地を好む  天敵対策の為か

  木の葉、芽、樹皮、果実

   食害で長野県では駆除が進められている

 

私は何か得をしたような気持でゲートへ向けて車を進めた。

カモシカ君、今度いつ会えるかな。

 

山奥ですが、結構車の通行量は多いです。ダンプカーも通ります。

道路を横断する事もあるかも知れません。ドライバーの皆さん注意して走行して下さいね。

 

カモシカやその他の野生動物を見かけたら徐行して下さい。