hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

ビックリ 砂漠の国カタールで大洪水 なんと、たった1日で1年分の雨が降った。地球は変わってしまったのか。

いやー、ビックリです。

カタールアラビア半島のほぼ全域を領土とする国です。

中東の砂漠地帯に位置しています。

 

秋田県より少し狭い国土で、サウジアラビアと国境を接しています。

人口:約267万人  面積:11,427㎡

国土は狭いが豊かな石油と天然ガスを産出する。

 

なんと、その砂漠の国カタール

大洪水が発生

何度も言いますがビックリですね。

耳を疑いました。

 

目次

 

今月20日に、たった1日でほぼ年間降水量の雨が降りました。

結果広い範囲で洪水が発生しました。

 

カタールの首都ドーハは豪雨に見舞われました。

地下道は冠水し、車は立ち往生。

大変な事態となり、被害の規模が案じられます。

 

 

空港に着陸できず混乱

洪水の為に空港に飛行機が着陸不可能となり、混乱しました。

普通なら近隣諸国に着陸許可を求めますが、

中東は複雑です。

周辺各国の空港が使えない

周辺のサウジアラビアアラブ首長国連邦バーレーンと断交状態にある為

これ等の空港に着陸を変更する事が出来ない。

異常事態の場合は助け合うのが人間として最低限の常識ですが。

 

サウジアラビア等は救援の意思表示をしなかったみたいです。

普通なら自ら救援を申し出ますよね。

 

彼らはそんな気持ちはさらさら無かった様ですね。

隣の国が困っていれば、日本なら救援を申し出ますよね。

日本に関わらず、それが人間として真っ当な行為です。

 

サウジアラビアの思惑

最近、高名なサウジアラビアのジャーナリストが、

トルコのサウジアラビア大使館の中で殺害されましたね。

 

殴り合いの果てにあやまって殺してしまった。

サウジアラビアの説明です。

でも、相手は18人です。

 

1体18です。

 

普通の人が勝てるわけがありません。

 

ある報道では、あくまで未確認です。

ジャーナリストに薬を注射して、

生きたまま体を切断した。

 

事実とすれば恐ろしい事です。

 

サウジアラビアの選挙有権者は国王一人だけ

ご存じですか。

 

様々な大臣とか主要官僚を国王だけが任命できます。

何でも出来ます。

 

 

すいません。

最近、サウジアラビアに関する報道が多いので、本題とそれてしまいました。

 

カタールはイランやクエートに飛行機を着陸出来る様に、

迂回させようとに尽力してます。

 

敵に塩を送る

近隣諸国にはそういう心の余裕は無いようです。

 

カタールが島になる

サウジアラビアの思惑

サウジアラビアカタールサウジアラビアの国境に、運河を作る計画をしています。

でも、今回の洪水で運河を作らなくてもカタールは島になると喜んでいるようです。

 

カタールはサッカーのWシリーズかな「ドーハの悲劇」で、

日本人には知られた国ですが、

 

異常事態でも近隣諸国には冷たく扱われる国であるという事を

初めて知りました。

 

複雑な民族の対立、欧米の利益追求のために翻弄された地域。

根は深いです。

 

中東に懸命な指導者が現れないと、何時までも欧米のされるがままです。

 

大洪水と言うからには、民間にも相当な被害が出ていると察せられます。

 

訳の分からない対立を停止して

国際的な救助を期待します。

 

今回はトランプさんは

よけいな事は言わない様に

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございました。