hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

お母さん、出産でお金が支給されますよ

健康保険は積極的に活用しよう

お母さんが健康保険に加入している事により、出産や育児の時に手当や控除で後からお金が支給されます。大助かりですね。


出産に伴いお金が支給される制度があります。

【健康保険に加入している母親が受給者になります。】

妊娠や出産での出費はばかになりません。それに健康保険が使えません。

でも安心して下さい。手当や控除で後からお金が支給されます。

 

出産手当金

出産の為に会社は休まなくてはいけませんね。産休です。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20180610182201j:plain

その間の給与の支払いを受けなかった場合に、出産手当金が受けられます。

 

産休1日に付き標準報酬日額の3分の2が支給されます。

※標準報酬日額とは支給開始日以前の1年間の標準報酬月額の平均額により金額が算出されます。

 

産休は
  • 産前休業 出産予定日を含む42日間(多胎妊娠の場合は98日間)
  • 産後休業 出産の翌日以降の56日間

健康保険に加入している母親が対象です。

※正社員、契約社員、パート、アルバイト、派遣社員も受給できます。但し、保険証に「被用者保険」「船員保険」「共済組合」と記入されている方です。

国民健康保険の方は残念ながら対象外です。

 

出産手当金を受け取る為に必要な書類

  • 手続きに関しては勤務先の担当部署で行ってくれます。
  • 健康保険出産手当金請求書、添付書類等を、会社の担当部署や健康保険組合社会保険事務所で貰う。
  • 必要事項を記入して会社または最寄りの管轄の保険事務所に提出する。
  • 申請は出産後57日目以降(産後休暇終了後)に出来ます。

何かの都合や忘れていた場合でも、産休開始の翌日から2年以内であれば全額を請求できます。

出産手当金が減額されたり、支給されない場合もあります。

産休中に会社から給料が支給される場合

  • 産休手当金より会社支給の方が少ない➡差額分が産休手当金として支給
  • 産休手当金より会社支給の方が多い➡産休手当金は支給されない
  • 出産が予定日より大幅に遅れた場合➡支給される
  • 出産が予定日より早まった場合➡その分は支給されません。

また保険の種類によっては、傷病手当金が出ている方は、出産手当金の方が優先されて、傷病手当金は支給されない保険もあります。別の手当てと「相殺」される事があります。慎重に調べて下さい。


いくら支給されるのか

標準報酬日額の3分の2が1日分の支給額です。

産休の日数分の総支給額が申請後1、2ヶ月後に支給されます。

 

支給額例 ※50銭未満切り捨て、50銭以上1円未満切り上げ

標準報酬日額=7200円 産休98日取得

7200円×2/3×98日=470400円

47万400円が支給されます。

※会社から給料が支給される方は減額や、支給されない場合があります。

 

まとめ

産休は多胎妊娠の場合は増えます。

健康保険に加入していれば出産手当金が支給されます。

  • 妊娠、出産で健康保険は使えません。
  • 標準報酬日額の3分の2×産休日数が支給されます。
  • 正社員でなくても契約社員、パート、アルバイト、派遣社員も受給できます。
  • 国民健康保険の方は対象外です。
  • 申請書類は会社や保険事務所に早めに提出しましょう。
  • 申請後1、2ヶ月後に支給されます。
  • 会社から給料が支給される方は減額や、支給されない場合があります。

国民健康保険の方は残念ながら対象外です。

 


この記事を書くにあたり

宝島社「今さら聞けないお金の話」を参考にさせて頂きました。

有難うございました。