あだり ほどり

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

稀勢の里引退。トレンドの短期爆発型狙って失敗。もうやらない、当人にも失礼だ。

トレンドを初めて狙い失敗 後味も悪い

昨日、仕事も早く終わり2時ごろ帰宅。

おもむろにパソコンを起動させ、のんびり読者の皆さんの記事を読ませて

頂きました。

その後 yahoo のニュースを読んでみることに。

何か記事のネタ無いかなーてな感じで見ていましたが。

 

稀勢の里2連敗が目に入りました。

何となく今日負けるとワースト1位だな。

 

これって検索上位狙えるかも、と思いつき早速記事を書き始めました。

もともと大相撲は好きで、子供の頃から見てましたし、

それに稀勢の里の不振ぶりには関心を寄せていました。

 

素早く公開すれば検索上位を狙えるのでは

ただ、それだけの期待で記事を書き始めました。

 

 

目次

 

稀勢の里の取り組みが待ち遠しい

一応記事は書き終えました。

2日目の事は新聞等で頭に入っていましたので、記事はすぐ書けましたが

問題は勝つか負けるか分からないので、タイトルと結果を保留にしておきました。

 

勝敗が付いたので1分後公開しました。

入浴し夕食を食べ、期待を込めて検索しました。

上位は勿論だいぶ調べましたが私の記事はありませんでした。

私はふと考えました。上位の人達は「勝った場合」「負けた場合」の2つの

記事を用意していたのでは。

勝敗が決した後、素早く公開する。

常に上位を目指す人達はやるでしょうね。

 

ついに引退を決意する

今日ラジオで稀勢の里が引退を決意したとのニュースを車の中で知りました。

やはりな、横綱だしこの成績では当然か。

怪我をおして出場し見事優勝を果たしてから、不本意な成績と休場が続き

やむを得ない決断だな。

引退決意は田子の浦親方が公表しました。

私も昨日の取組結果を見て、今日何か動きがあるのではと思っていましたが。

 

自分のしたことに気がつく

車の中で考えたことがあります。

いくら上位を狙いたいからとしても人の不幸を記事にしてしまった

自分の行為です。

 

稀勢の里は復活しようと必死だったはずです。不安を押し切り今場所に

臨んだはずです。

残念ながら思い実らず最悪の結果になってしまいました。

 

それを私は自分の為に利用しようとした、その行為に対してです。

後味が悪いですね。

 

苦しんでいる人を利用する。やってはいけない行為です。

今回の事を戒めにします。

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございます。