hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

子供にやる気を

子供は自分で成長する力を持っている

子供を育てるという事は親にとっては宿命です。責任があります。

「育てるのは学校の役目だろう」

なんて言った人がいて、ビックリした事があります。

いえいえあなた、あなたたち親にも責任があります。

 

勿論、学校にも責任はあります。

ところで、育てるとはどういう意味でしょう。

 

広辞苑によると育てるとは
  • 生い立つ(おいたつ)ようにする、
  • 成長させる、大きくなるようにする
  • 教え、導く、しこむ、しつける

と、あります。

 

ついでに育むについても調べてみると
  • 親鳥がその羽根で雛をおおい包む
  • 養い育てる、成長発展を願って育成する。
  • なでいつくしむ、かばい守る

育てる、育むは学校、家庭両方の責務と考えられます。

 

本来子供は自分自身で成長する力を持っている。

という事をご存知ですか。

それが間違った方向に行かない様に、指導、助言するのが、家庭、学校の役目です。

 

身の回りのことを自分でできる子は学校の成績も良い

そのような子には共通点があります。

  • 自分の身の回りの事がきちんとできる。
  • 親任せにしない。

 

外から帰ってきて、

  • 靴を揃えたり、着ていた服を洗濯用のカゴに入れる。
  • 学習用具をきちんと片付ける。
  • 食事の後は食器をキッチンに持って行く。

そのような子供は勉強ができるという事です。

 

身の回りをきちんとできる子は勉強も親の指示を受けなくても、

きちんとやろうと努力します。

今日の夜は見たいテレビ番組があるので、

それまでに宿題や予習、復習を終わらせようと努力します。

 

例えば「洗濯物が乾いたらたたんで収納にしまってね」と、

お手伝いを頼んだとします。最初は無造作にやるかもしれませんが、

同じもの同士をまとめてね」とアドバイスをします。

 

子供は考えますね。靴下は靴下でまとめ、下着は下着でまとめ、シャツもまとめます。そうすれば収納に入れる時も早いし、きれいに収納できます。

それぞれまとめて入れれば良いのですから。

 

肝心なのは、やって当たり前という態度を取らない事です。

「お母さんがやった方が早い」なんて言っては駄目ですよ。

子供の心は傷つきます。

 

最初はうまく出来なくてお母さんの負担が増えると思います。

お母さんの忍耐も必要でしよう。

心に余裕をもって、子供が頑張ろうとしている姿勢を見守ってください。

 

子供は親にほめてもらうと喜びます。

 「お母さん、助かるー、有難う」とほめてあげて下さい。

他のお手伝いも積極的にやるようになります。

子供は親にほめられるのが大好きです。

 

そして、勉強もしなくてはいけないし、友達とも遊びたい。好きな番組も見たい。

子供なりに考え始めますね。

どうしたら、お手伝いを早く終わらせるかという事です。

 

効率よく物事をこなす知恵

忍耐力が知らず知らずのうちに子供に備わって行きます。

この様なことが勉強にも生かされて、成績が良くなるのだと思います。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20180528185443j:plain

では、お手伝いはいつ頃始めたらいいのでしょう。

親のしていることに興味を持ち始める幼少期です。

お母さんのしている事をまねする頃ですね。簡単なお手伝いをさせてみましょう。

 

少しずつお手伝いをさせて、子供にやる気を持たせましょう。