あだり ほどり

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

犬の殿介くん大手柄 4年半で捨て猫14匹発見 子猫たちは優しい里親のもとに

久々に、我が家の家猫「茶タロウ」の事を書こうと思ったら

気になる事を耳にしました。

何とわんちゃんが捨てられた子猫を次々と発見

その数驚くなかれ

14匹だって 

f:id:hiro-hitorigoto:20190316123615j:plain

私の家の家猫も元々は捨て猫でね

ノラ猫のお母さんが生んだ子猫でした。

親子2匹、知り合いのお母さんが2匹の面倒を見ていたが

体調を崩して飼えなくなったため

頼まれて家で子猫を引き取ることになりました。

 

目次


柴犬の殿介 (でんすけ) くんが散歩中に捨て猫を発見

殿介くんは由美さんという方の飼い犬ですが

朝と夕方の散歩中に捨てられて間もない子猫を見つけたり、

衰弱しているノラ猫を見つけるのが得意です。

飼い主に教えるんでしょうね。

「ワン ワン 捨てられた子猫がいるよ」なんて

なんと4年半で14匹も見つけました。

14匹とも無事に優しい里親に引き取られることに。

 

殿介くんも似た様な身の上

殿介くんも房総の保健所に保護されていたワンちゃん

7年前に元の飼い主から保健所が引き取ったそうです。

保健所から

「おとなしい犬ですから引き取って欲しい」

と、保護団体に連絡が入り引き取ることになりましたが

それを由美さん夫婦が譲り受けました。

由美さんはその頃犬を飼いたいと思いネットを検索していると

ちょうど保護団体が譲渡募集をしてるのに気が付きました。

ネットの殿介くんの笑顔を見て

由美さんは一目ぼれしてしまいました。

結果、保護団体から殿介くんを譲り受けました。

 

半年過ぎてやっと慣れる

暫くの間は笑顔も見せなかったとか、尻尾も振る事は無かったそうです。

半年くらい過ぎると笑顔もようやく見せるようになり、

今では笑いぱなしだそうで、何と寝ていても笑っているそうですよ。

良かったですね、強運なんでしょうね。

保健所ではいつまでも保護できませんから、引き取り手が無いと

いずれは殺処分になります。

その時は3歳ですから現在は10才ですね。

今は由美さん夫婦と姉妹の猫と2人3匹は、関東西部の温泉町で仲良く

暮らしています。

 

散歩大好き殿介くん

由美さんと朝1時間、夕方は2時間散歩を楽しんでいて

殿介くんは散歩が大好き。

市内をくまなく歩き、散歩コースはいくつもあります。


散歩中に捨て子の子猫を見つける

4年半前の夏に公園で子猫を見つけたのが最初です。

捨てられたばかりらしい2匹の子猫は最初は怖がり逃げ隠れしています。

シャーシャーと声を出しながら。

保護しようとしましたが、その日はどうしても出来ませんでした。

次の日の朝はあいにくの雨でしたが、公園の中を探すことに

でも、なかなか子猫の姿は見つけられませんでした。

でも藪 (やぶ) の中にいるのをやっと見つける事が出来ます。

殿介が見つけたのです。

2匹はぐったりと寄り添っていましたが、1匹は意識がありませんでしたが

何とか無事に回復させ家へ連れて行くことになりました。

 

子猫を可愛がる殿介くん

殿介くんは子猫の面倒をよく見ます。

遊んであげたり、お尻を舐めてあげたり、

子猫たちが少し大きくなると階段の上り下りを教えたりと

感心なワンちゃんですね殿介くんは。

2匹はそれから由美さん夫婦と殿介くんの家族になり、

名前は茶与、班奈とつけられることになりました。

 

子猫のかわいらしさに目覚める

殿介くんは子猫を発見するという感覚が研ぎ澄まされていきます。

嗅覚が尚更発達して行くんでしょうね。

散歩中に捨てられたり、親にはぐれたりの子猫ばかりでは無く、

衰弱した子猫を次々と見つけます。

 

子猫がいなくなると家中を探す

3番目に見つけた子猫も一生懸命面倒を見ました、

その子猫がもらわれていったとき、子猫がいないのに気づき家中を探しました。

殿介くんは段々理解する様になります。

「いなくなる子猫はよそのお家で幸せになるんだ」と

殿介くんは玄関でさよならが出来るようになっていきます。


病院、保護猫カフェが支援

殿介くんが見つけた子猫は散歩の途中にある動物病院へ行き、

お願いして洗ってもらいます。

それから家へ連れ帰りますが殿介くんも大協力し、皆で育てます。

子猫の体重が500gを超えた頃検査を受けます。

等の検査です。

 

由美さん不安に

このペースで殿介が次々と子猫を見つけたらどうしよう

それは当然ですね。

個人の力では限界があります。

動物病院の先生に相談すると

保護猫カフェ『鎌倉ねこの間』を紹介してくれました。

もらって下さるお宅を紹介してくれたり、

先程の検査が済むと病院のホームページで紹介してくれたり

病院のスタッフも、もらってくれたりと

由美さんの心配は払拭 (ふっしょく) されていきます。

 

7匹が段ボールの中に

寒い朝、3年前の事です。

かすかな猫の泣き声がすると殿介くんがすぐに反応しました。

由美さんは鳥の声かと思いましたが

隠すように滑り台に置かれたダンボールの箱がありました。

 

何と生まれたての子猫が7匹

なんと箱の中にいたのは、へその緒が付いたままの子猫でした。

冷たくなっている子や既に息絶えた子もいました。

懸命に手当をしましたが助かった子猫は3匹だけ。

その後、職場へ連れて行き、休み時間にミルクを与えて育てます。

その内の1匹は「トラ」と名付けられ『鎌倉ねこの間』さんが、もらって

くれました。

トラは新入りの猫の面倒をよく見る様になり、そのお店のスタッフの

1員となり、

なんと教育係として活躍する様になりました。

殿介くんが散歩中に見つけ保護したのは14匹

保護した子猫はこれまでで14匹ですが、別な人が保護して預かった子猫が

3匹なので17匹。

由美さんの家で飼うようになったのは最初の2匹。

後の15匹はもらい手があり、幸せに暮らしています。

10番目の「イト」は足が折れていましたが、完治し元気に暮らしています。

14番目の「イヨ」はノラ猫の親子で母猫の側でやせ細り、命が尽きようと

していました。

子を抱き上げ家路につこうとしましたが、親猫は道端で見送っていました。

親猫は思ったんでしょうか

「このままでは死んでしまう。この人間が助けてくれるかも」

 

イヨは途中で心臓が止まってしまいましたが、奇跡的に生き返り、

現在は 『鎌倉ねこの間』のアイドルになっています。

 

小さい頃の体験

私が小学校の頃の話ですが、家から西の方に広瀬川という川があります。

その河原で友達と遊んでいる時に上流の方から箱が流れてくるのに

気が付きました。

「猫がいる」友達が叫びました。

箱の上から子猫が数匹こちらを見ています。

「助けよう」皆で箱に近付こうとしましたが

段々深くなり、流れも速くなってきます。

 

子供には無理でした。周りに大人もいないし

ただ見送る事しか出来ませんでした。

家に帰って母親にこの事を話すと

「可哀そうに、捨てるより 貰ってくれる人を探せば良いのに

川に捨てるなんて」

この出来事は暫く忘れる事が出来ませんでした。

 

救出された子猫が殿介に駆け寄る

昨年10月の事ですが、子猫の必死の鳴き声に由美さんが気づきました。

一人暮らしのお年寄りの家でトタンの外壁の中にノラ猫の子猫が入り込んで

しまい出られなくなったのが分かりました。


駆けつけたご主人と二人で住人の了解を得て、壁の錆びた部分を剥がし

子猫を無事救出する事が出来たのを見て

殿介くんは大喜びします。

すると子猫は何故かまっすぐ殿介の元へ駆け寄ります。

殿介は子猫の毛づくろいをしてあげました。

動物は分かるんでしょうね。

この子猫は「イチゴ」と名付けられましたが、なかなかの甘えん坊に

なりました。


皆さんの本当の願い

元々家の無い猫や捨て猫がいなくなり、殿介くんの特技が発揮されなくなる

ことが一番の願いです。

可哀そうな猫たちがいなくなる

 

由美さん夫妻や動物病院、鎌倉ねこの間さんの心からの願いです。

 

動物病院の先生が子猫を見て、おっしゃっています。

「ペットショップで売買されている子猫たちはお家を選べない

でも、殿介くんに助けられた子猫たちはお家を選べる

あなたたちにぴったりの良いお家を一緒に見つけましょうね」

 

つらい思いをした末に救われた子猫たちにこう語りかける。

これは温かい家族を得る事が出来た殿介くんが一番よく分かっているのでは

ないでしょうか。

 

捨てる命は作らない

忘れて欲しくない言葉です。

 

この記事を書くにあたり

Yahoo ニュースを参考とさせて頂きました。

有難うございました。

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございます。