hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

今年の野菜作り 山あり谷ありの連続。でも楽しい。一応は豊作でした。

一年を振り返って

現在気温は3℃です。風があり体感温度はもっと低い感じです。

手がかじかむ寒さです。

読んで下さる皆様の為と野菜の成長過程を画像に残したい。

息子から借りたデジカメを持って畑へ向かうのですが、

行けば作業に夢中になり、画像を取るのを忘れて家に帰ってから思い出す。

そんな失敗はしょっちゅうでした。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20180924155032j:plain

秋の菜園の風景です

皆さんの画像を見せて頂くととても綺麗です。

自分のはと見ると、自分の影が映っていて暗かったりアングルが悪かったり

と、掲載出来ない物も多々ありました。

 

目次

 

全体的には一応豊作

今年は何時になく豊作でした。一部を除いては。

熱中症が気になるくらいの猛暑が続き、夏が過ぎても気温が高い日が

多かったですね。

豊作の一番の原因はお天気の日が何時もより多かったからでしょう。

行く度に水やりをしましたが、仕事の都合もあり、週に一回でした。

前にも書きましたが、暑さのせいか青虫も少なく、

以前悩まされたナメクジは見かけませんでした。

 

ジャガイモなんか車まで運ぶのが大変なくらいの収穫でしたね。

40㎝間隔で種芋を埋めましたが、全て芽を出しました。

取り遅れたわけではないのに大きいのがゴロゴロと出てきました。 

 

今一だった野菜

先程書いた一部とは玉ねぎ、長ネギ、ニンジンでした。

特に長ねぎは土寄せと雑草を取り除けば、あとは何時もは手要らずですが

いつもの様に伸びないのです。

葉は青々として立派なんですが、地中の白い部分が伸びてきません

太さもまあまあなのに・・・ まあ40㎝位あるので良しとします。

 

玉ねぎは年が改まってからどんどん姿を消し、残ったのは3分の1くらい。

久々の失敗です。

 

にんじんは芽を出せばほぼ成功と言われるくらい、

芽を出す迄が難しい野菜です。

今年は上手く芽を出したのですが、大雨で流されてしまいました。

流されたところに再度種を蒔きましたが、1回目の収穫時に目立って

伸びてきました。

まあ失敗とは言えないかもしれませんが、今後の課題として残りました。

 

欠かさずやった事

追肥は適宜に欠かさずにやりました。

白菜なんかは葉が巻き始めた頃に2度目の追肥をしますが、

立派なものが出来ました。

それと雑草取りですね。雑草が多いと野菜は養分を取られ成長が鈍くなってきます。

基本的に人間に育てられた野菜は雑草より弱いです。

手をかけてご飯(追肥)をあげないとうまく育ちません。

 

 

残った野菜を春までに食べきる

長ねぎ、白菜は畝に。ニンジン、大根は越冬のため穴の中。ブロッコリー

サニーレタスもまだまだ元気です。

ニンジンの一部は畝に残したままで、春までもつかテスト中です。

そんな事が出来るくらい最終的にはたくさん採れました。

 

これを春までに食べきります。勿論最初から余りそうだなと思うものは

ご近所におすそ分けします。

地中の中で寒さに耐えている大根やニンジンは美味さが増しますね。

白菜も寒さに負けまいと糖分を分泌するので甘くなります。

「お店で買うものより美味しかったよ」

と喜んでいただけると、こちらも嬉しくなります。

 

野菜をあげて嫌な顔をする人はいませんね、

近所づきあいも楽しくなります。

あげた野菜がお菓子なんかに変わってお返しを下さる人がいますが、

それはそれで嬉しいものですが、

こちらとしては余分なものを美味しく食べて頂けるだけで

助かるのですから。

 

大根が腐れている

たまたま見かけた他の畑の大根は畝にそのままで、凍ったのでしょう

全体的に色が変わり腐っています。

大根はやはり埋めないと駄目ですね、勿体無い。

寒さ除けの対策はご近所の農家さんかJAの人に尋ねると

気軽に教えてくれますから、一度お試しください。

 

今から来年の野菜作りが楽しみです。

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございました。