hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

日本にカワウソが密輸されている。しかも急増。背景に何がある。

日本の誤ったペットブームが誘発

ペットブームが衰えを見せません。

何処を歩いていてもワンちゃんと散歩する人が必ずいますね。

ワンちゃんも楽しそうに歩いています。

 

中にはどちらが散歩させているのか分からない、ワンちゃんに引きずられている人もいますね。

ま、それぞれ楽しいんでしょうね。

 

 

日本では絶滅したカワウソもブームらしいです。 

中には、違法な手段で輸入したカワウソを飼っている人もいるとの事です。

なぜ、そこまでしてカワウソを飼うのか。 

 

私には分かりません。

カワウソに限りませんが、野生動物は自然の中でのびのびと暮らすべきで、人間の趣味で狭い環境の中で飼うものではありません。

飼ってはいけないものだと思います。

 

なぜ、カワウソを飼うのがブームになっているのでしょう。

気になって調べてみました。

f:id:hiro-hitorigoto:20180819165439j:plain

コツメカワウソ

その前に日本カワウソについて

  • イタチ科の哺乳類
  • 体長1m位
  • 川で甲殻類カニ、エビ。魚などを食べる

 

高知県須崎市で1979年に、生きたカワウソが目撃されてから30年以上経ちました。

その後、生息情報が無いため
2012年に「絶滅危惧種」から「絶滅種」に指定されました。

環境省の発表です。

 

日本には在来の日本カワウソが存在しないのです。

 

 

江戸時代前までは、人間の身近にいる動物でした。

カッパのモデルはカワウソとの話もあります。

 

明治になって、日本カワウソの悲劇が始まります。

明治3年の頃から、外貨獲得の為に日本はカワウソや他の動物の良質な毛皮を、ヨーロッパに輸出を始めました。

 

日本カワウソ等にとっては明治維新は迷惑でしかありません。

その為に、いずれ絶滅の悲哀を味あうのですから。

 

 

カワウソの正確な輸出量は分かりませんが、イタチのデーターは残っています。

イタチは同じ仲間です。

 

大正2年から10年間に260万枚が輸出されています。

という事は260万匹のイタチが殺されたという事です。

 

何のために獲るのか

富裕層が自分を誇示する為

背景は、ヨーロッパでは、植民地を含め良質な毛皮を獲り尽くしていました。

 

ヨーロッパの富裕層の地位や贅沢の為の象徴として、毛皮を持っている事を誇示する為です。

 

とんでもない話ですね。

私の生まれ育ったところでは、よく首にキツネの毛皮を巻いているおばさんがいました。

子供心に「よく気味悪くないな」と嫌悪感で見ていました。

友達が「夜、あのキツネ化けて出ないのかな」と言っていたのを思い出します。

 

正直に言いますと、私の叔母さんもキツネ等の毛皮を持っており、泊まりに行って夜になると、出るんじゃないかなーっと、なかなか眠れなかったのを思い出します。

 

一人で泊まった時は、般若の面が飾ってある広い和室で寝ていて、熱を出したことがあります。

 

戦争の為、カワウソの毛皮が利用される

日本カワウソの毛皮は2重構造

日本カワウソの良質な毛皮は次の様な特徴があります。

水の中を泳ぐので、

  • 水漏れに強い
  • 防寒に優れている

 日本カワウソの毛皮は二重構造になっています。

表は荒い毛ですが、内側は細かい毛です。

 

きっと暖かいのでしょうね。

 

日本カワウソの毛皮が戦争に利用される

日本は日清戦争日露戦争と明治時代に戦争を始めます。

その後も戦争は続いていきます。

 

極寒のシベリヤ等の地域では毛皮が必需品です。

兵士の防寒の為に毛皮が大量に必要になりました。

 

その為、日本カワウソや他の毛皮獣が乱獲され、大正時代に入ると絶滅の危機にさらされます。

 

さすがの政府も昭和3年に「日本カワウソの捕獲禁止」を決めました。

 

遅すぎた決断で、日本らしいですが、大正時代には、とうに絶滅していたと思います。

 

 

密輸されたカワウソに話を戻します

コツメカワウソも絶滅が危惧されています。

ところが、日本に向けて密輸が急増しています。

 

成田空港の税関で7匹見つかる。

タイの空港で32匹が見つかります。これは、子供のカワウソです。

 

日本の誤ったペットブームが原因

コツメカワウソ

東南アジアで生息するカワウソですが、もっとも小型です。

 

コツメカワウソは 生息数が減り、

国際自然保護連合の」レッドリストに入っています。

 

原因は

  • 生息地の環境破壊
  • 毛皮を取る為
  • ペットにする

日本ではSNSを中心にしてカワウソブームが起きていて、

カワウソと触れ合えるカフェが数年前から増えています。

 

日本人は、日本カワウソを金儲けと戦争で利用する為に絶末させました。

 

今度はアジアのカワウソを結果的には絶滅させようとしています。

 

動物園で見ましょう。

カフェや個人では飼える環境を作れません。

 

死なせるだけです。

 

流行で野生動物に食指を伸ばすのは止めましょう。

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございました。