hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

茶タロウもビックリ 眠りを破る震度4の地震。町内放送相変わらず聞き取れない。

未明の地震

不気味な揺れで目が醒めました。

正確に言うとまだ頭は寝ぼけていましたが。

 

あっ、地震

ゆらゆら揺れています。

寝ているせいもありますが、久々の大きめの地震です。

 

目次

 

寝ている近くに家具置き場があり、タンスや書棚が

不気味なキシミ音を立てています。

 

20、30メートル先のスピーカーが、大音声で地震を伝えています。

相変わらず、近すぎるせいか、調整が悪いのか

何を言っているのか分からない男の声です。

女性にすればいいのに。

 

揺れが収まるまで布団からとうとう出ませんでした。

唯一した事はタンスが倒れても、届かない位置に布団をずらした事だけ。

 

7年半以上前の東日本大震災の2回目に起きた地震で、

タンスの下敷きになりかけた記憶が残っているんでしょうね。

 

階下で茶タロウが見つめている

また寝ようとしたのですが、

トイレに行きたくなりました。

 

でも、先に家族が入っていました。

止む無く、1階のトイレへ。

 

下を見ると

茶タロウが目玉をなお一層丸くして

私を見ています。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20180706214228j:plain

怖かったニャン

降りて行って

なでなでしてやりました。

 

やはり怖かったようです。

ミー

と、ないてから

安心したのか、お気に入りの居間のソファーへ戻って行きました。

 

もぞこいな

と感じました。

この意味は、今風に言えば

「めちゃ可愛い」とでもいうのかな。宮城の方言です。

 

猫をかわいいと思うのは

普段、気ままに生きているのに

何か不安があると、寄り添ってきますよね。

 

茶タロウは、私に要求したいことがあると

つぎのような行為をします。

 

猫は壁を爪でガリガリしますよね。

私が「ダメっ」と言うと、こちらを見ます。

続けて「止めろ」の言葉で、諦めてすごすご退散します。

 

しかし、何か要求したいことがあると

側に来て、怒られるのを承知で

壁をガリガリします。

 

顔を向けると茶タロウもこちらを見てミーと泣きます。

やはり感じますよね。

 

何か訴えているのかな、

普段と違うと感じます。

 

ひょっとしてご飯が欲しいのかな

と思い、いつもの茶タロウのご飯を置いている場所に行くと

食器が空っぽ

 

稀に家族が留守で、一人で用意してあるご飯を食べている時には

私だけが頼りなんでしょうね。

普段はそっぽを向いているくせに。

 

我が家は茶タロウに朝と昼しかご飯を上げません。

理由はデブになるから。

 

家猫なんで、それなりに気を使っています。

 

でも家に帰って食器に餌が入っていないと

入れて置きます。

茶タロウは喜んですぐ食べてしまいます。

 

この前、気が付いたのですが、

帰ってくる家族が空の食器を見て餌を入れます。

茶タロウはすぐ食べてしまいます。

 

次に帰って来た家族が同じ行動をします。

やはり心配です

デブになるのでは

気が付きました。

運動させる前に、家族同士のコミニュケーションが大事だ。

 

 

地震が多すぎる、気になる

話しを地震に戻します。

最近地震が多くて気になります。

 

宮城県沖だけの事ですが。

調べてみると本日未明の地震で、震度1以上が今年74回目。

 

不安ですね。

また同じマグニュチュードの地震が来たら、

一部損壊で数万円しか補償を受けなかった家、収入不足で地方税を払えなくて

全く援助を受けられなかった家は

多分崩壊するでしょうね。

 

そういう家は近所だけで何軒かあります。

被災県全体では相当な数になりますね。

 

本当の意味での救済は進んでいません。

今なお壊れたままの家で生活している人は多くいます。

 

真の意味での救済を願いたいものです。

 

 

今日の未明の地震は今日中に公開しようと、眠い目をこすりながら書きました。

何とか間に合いそうです。

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございます。