hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

長ねぎが長雨のせいで田んぼの稲状態 何とかせねば

まるで田んぼのようになった。

嫌になるなあ。まだ5月なのに雨が3日間降り続いている。先日沖縄、奄美が梅雨入りした。まだここは早いでしょう。

 

この記事は去年メモしておいたものを元に書いておりますが、今年も雨が多いです。

今日から明後日迄雨予報です。しかも昨日と今日は気温は夏日です。

で、明日の予報は最高気温が15℃です。今日よりも10度以上も下がります。

野菜も体も大変で~す。

 

仕事に行く前に畑へ寄ったが長ネギの苗を植えた溝に水が溜まり堀のようになっている。イネと違い長ネギは殆んど水を必要としないので早く晴れて水が引かないと腐るのではと気になる。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20180517203042j:plain

水が引いた後の長ネギ



先週の日曜日に根が成長して苗が伸びてきているのを見て次回土寄せをしようと思っていたのにガッカリだ。気が付いたら即実行しないと駄目ね。と、毎年思っているのだが。

 

長ネギは白い部分を長くしようと思い30㎝位溝を掘るのが私のやり方だが、深い分色々と厄介な事がある。

 

溝の脇に掘った土を置き表面を崩れないように丸くなだらかに成型するのだが去年は雨で崩れて苗が3分の2ほど土に埋まり駄目にしてしまった。

 

自分としては初めての経験だった。地面と同じ高さに近くなるまでは気が抜けない時期が続く。でも私は元々日曜日しか畑に行けないのだが毎年何とか立派な長ネギが出来ている。

 

今年も苗を植えて間もなく強い雨が降り、何か所か盛った土が崩れて20~30本埋まってしまった。何とか直したがこれで2回目だ。

 

仙台の近郊で水はけの悪い地域でやっている曲がりネギにすれば楽かもしれないが、冷蔵庫に入れるにしても曲がっている分スペースを取るのであまり好まない。やはりまっすぐに伸びた太いのを作りたい。

 

やっと雨が止んだ。

久々に少し青空が見える。今日は思いもかけずに仕事が休みになったので畑へ出勤。水が半分位はひいていたが土が乾くまでは土寄せは出来ない。

 

濡れた土を入れるとドロドロの粘土状になり固まってしまい、ネギが太くならないのではと思う。

それよりもよく見ると葉が赤錆病の状態になっているのが何本かあるのを見つけた。その分だけちぎって捨てたが何か気になる。

とにかく早く水が引いて土が乾くのを待とう。

 

昨年までは目見当で5㎝間隔に苗を植えていた。実際は10cm近くなっていたと思う。我が家では鍋料理が好きで長ネギが食べられるようになる10月初めから翌年の5月中頃まで続く。

 

昨年夏に同居する人が増えた為早いうちに長ネギの在庫が底をついてしまった。

それで少しでも本数を増やそうと考え、正確に5㎝間隔に植えようと思い挑戦した。

 

5㎝間隔に手ごろな木材に印を付けやってみた。上手く植えられたなと思って自己満足していたのだが、最初は根が隠れる程度しか土をかけられないので割と不安定である。

 

風が強く吹くと倒れたり、土が崩れると植え直したりしているうちに苗同士が近くなったり、当初よりも離れてしまったりで、初めの頃より見た目が変わってしまった。

 

今は根が張り、固定されつつあるので無理に間隔を直そうとすると根をダメにする恐れがある。まあ良いか。と、無理に妥協している自分がいた。

 

果たしてうまく成長できるか。又、お知らせしたいと思います。

 

続編です。悪戦苦闘しました。

www.adarihodori.com