hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

ネズミ捕り 嫌な言葉です。人間をネズミのように捕らえる

見ているだけで腹が立つ

携帯で電話をしながら車を運転して、重大事故を起こす。

結構多発しています。

 

だいぶ前から運転中の携帯使用が厳しくなりました。

でも、今だに運転しながら電話をしている人は多いですね。

 

以前、雪の積もった上り坂で急に渋滞が始まりました。

やっと、交差点の近くまで進んだら、

信号の手前でハザートランプを付けている車が停車しています。

運転席でおばちゃんが笑いながら携帯で話していました。

 

みんなすれ違いながら、呆れた顔で睨めつけています。

 

そんな経験をした人は多いでしょう。

 

逆な見地で

最近、ちょっとやり方がおかしいと思われる光景を目撃しました。

 

目次

 

職場の入口から見える位置に、

何時の頃からか、パトカーがいつ続けるようになりました。

 

職場の前は2車線の道路です。

それが県道と交わる少し手前に

職場と住宅地の間を走る狭い道路があり、それが交わります。

 

車が1台やっと通れる道路ですが

そこに2車線の道路から見えないような位置に

パトカーが停まっています。

 

最初は頻繁に見かけるので

事件の容疑者でも待ち構えているのかな

と、思っていました。

 

でも、違っていました。

目的は違反者の取り締まりです。

悪名高い「ネズミ捕り」です。

 

運転中の携帯使用と一時停止違反を捕まえる

パトカーが潜んでいる直ぐ近くに一時停止の標識があります。

変則的な十字路です。

 

パトカーからは丸見えです。

違反者は一網打尽です。

 

でも検挙率は低いです。

1日多くて2人ですね。

 

ちょっと前はもっと多かったようですが。

 

この頃、なかなかカモはかかりません。

 

道路が狭いので入ろうとする車、後ろから来る車にとっては

パトカーは邪魔です。

 

その都度いやいや移動しています。

いなくなったなと思っていると

いつの間にかちゃっかり、元の位置に戻っています。

 

道路交通法違反では

通行の邪魔をしているのは明らかです。

ノルマ達成も大変ですね。

 

ここで気になる事があります。

明らかに道路交通法違反です。

 

パトカーがです。

狭い両通行の道路を塞いでいます。

 

しかも前後に車両が来なければ、1時間以上も網を張っています。

一般車が同じことをやれば切符を切られます。

 

例えば

車を離れて、暫くして戻ると

車が無い。

 

警察に「車が盗まれました」なんて、電話すると

「貴方の車は駐車違反で〇〇警察署で預かっています。」

 

結構な罰金が科せられます。

 

これが普通です。

 

近隣住民に通知はしているかもしれませんが、

通知すると噂が広まり、効果が半減します。

 

ので、していないかも・・・

 

実際、パトカーがいて道路に入れなくて、戻って行った車が

結構あるし、

車に気が付いてパトカーが移動した後

警察官を睨みつけていくドライバーも結構います。

 

無駄な事をしないで、堂々と姿を見せたら

たまたまですが、ごく近くで工事が始まりガードマンが立つようになりました。

ガードマンを見かけると、何か規制があるかなと気になりますよね。

 

中にはガードマンを警察官と間違える人もいるようです。

皆さん、一応は気になりますよね。

 

それが、検挙率が激減した原因の一つかも知れません。

 

ガードマンが立っているすぐ側が、

パトカーが隠れている位置です。

バレバレです。

 

最近、その光景を仲間と笑いながら見ています。

 

お廻さんごめんね。

 

不思議に思うのは、何時までも同じやり方で見張っている事です。

パトカーいるのはガードマンのおかげで丸見えなのに。

 

1日いるのだから

堂々と見える位置にパトカーを駐車したら。

誰でも思いますよね。

 

上からの指示で、簡単に取り締まりの方法が変えられないと思うのですが

見ている方では

「何んで無駄な事を続ける」

空しい努力に哀れみと虚しさを感じます。

 

でも、そこだけ注意して通過してから

また携帯電話を使いながら運転する人はいるでしょうね。

 

近くには小学校があります。

 

皆さん、運転中の携帯電話の使用は止めましょう。

罰金は高いし、何よりも事故を起こしたら身の破滅です。

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございました。