あだり ほどり

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

やっちゃった大根真っ二つ。春の気配がする。そろそろ掘り出さないと まだ大分残ってる。

手ごたえあり、見事に真っ二つ

埋めて置いた大根等を掘りだしに菜園へ。

この季節、畑へ行くのは収穫する為だけですが、ブロッコリーや長ねぎ、

白菜以外は土の中。

越冬させる為です。

行く度に思う事は腐れていないかなと気にする事です。

他に野菜に関しては考える事はありませんから。

 

まだ寒いけれど、確実に春の足音は聞こえてきます。

来週あたりはかなり気温が上がるとの予報です。

 

そろそろ花粉症が気になる方もいるんでしょうね。

梅の花が咲くのも間もなくですが、

その頃から花粉が舞い始めるとか

私は花粉症になった事が無いので分かりませんが

結構大変だとは聞きます。

 

ところで、勇んで大根を掘りだそうとスコップで掘り始めたんですが

妙な手ごたえを感じました。

やっちゃいました。見事真っ二つ。

それも60㎝位の太くて立派なやつ。

やはり私はおっちょこちょいでした。

 

 

目次

 

f:id:hiro-hitorigoto:20190217120840j:plain

 

右上のダイコンです。

見事でしょう真っ二つです。

なかなか、ここまできれいには切れません。

才能が有るんでしょうか・・・(泣き)

 

チョット脱線しますが、

おちょこちょいの続きです。

去年の10月頃に畑の帰りに無性に焼きそばが食べたくなり

コンビニによって買いました。

大盛りの焼きそば

家へ帰って湯を沸かしました。

夕方まで家族はいませんので、暫くぶりの自炊です。

 

湯を入れる前に具材等を入れ、熱湯を入れました。

4、5分経ってから湯出し口からお湯を出しましたが

妙だな色がついている。

 

賢明な皆さんはもうお分かりですね。

ソースを入れて熱湯を注いでしまいました。

もう後の祭りですね。

止む無くそばにあったブルドックソースをかけてみましたが

何とも言えない味でした

美味いんだかまずいんだか、、美味いわけはありません。

間食しました。腹が減っていたから・・・

暫く胃の辺りで妙な感じが続きました。

「お前、何食べたんだ」

胃が怒っています。

この事は今だに家族には内緒です。

 

家へ野菜を持ち帰る

畑の駐車場で大根は1本づつ新聞紙にくるみました。

まだ寒いので新聞紙は2重3重に包むことに。

玄関前の椅子の上に重ねて置きます。

ここは屋根があり、風通しも良いので野菜の仮置きには好都合です。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20190217130402j:plain

 

この椅子を買ったのはいつだったかな。

だいぶ前ですね。20年以上前の様な気がします。

お隣さんでも同じものを購入しましたが、雨ざらしなので錆が酷いですが

我が家のはポーチ全体に屋根があるので

錆はありません。

でも木部部分は大分色が変わっているので、解体して塗り替えようかと

思っています。

 

まだ畑にはあるのでおすそ分け

畑には、大根とニンジンはまだ埋まっています。

ニンジンを掘りだした時に特有な臭いがしますね

新鮮ないい匂いです。

 

このまま、土が乾燥するまで放置しておきます。

その後、冷蔵庫で保存する予定。

 

今日収穫した大根の殆んどはご近所への、おすそ分けになるでしょう。

毎年今頃になるとおすそ分けして喜ばれます。

野菜を貰って嫌な顔をする人はまずいませんね。

逆に美味そうなお菓子等をお礼に持ってくる方がいます。

別にお礼返しを期待しておすそ分けしている訳では無いのですが。

 

ニンジンも大きいでしょう

f:id:hiro-hitorigoto:20190217131905j:plain

 

右下にタバコを置いたのでニンジンの大きさが分かると思いますが

結構大きめですよね。

艶も良くて美味しそうです。

これだからニンジン作りはやめられません。

 

埋める時にニンジンの葉は切り落としましたが

新しく生えてきています。

逞しいですね。

越冬させずに畝でそのままにしておくと花が咲くんでしょうね。

そして種が出来て行きます。

 

そこまで放置したことは無いので分かりませんが

ニンジン自体は花と種に養分を取られ食べられなくなるはずです。

 

前に記事で書きましたが、種を蒔いてから芽を出す前後は天にも祈る気持ちに

なります。

その後、悪戦苦闘を重ねた末に越冬させるほどに育ったニンジンを見ると

感無量です。

たぶん今年もこりずに種を蒔くでしょうね。

 

もう1回収穫すると大根とニンジンは畑での役目を終えます。

春が訪れてきますから。

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございます。