hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

にんじんの越冬 今年は判断が難しい。一回目の種は大雨でほぼ全滅、2回目の種と同居状態。

事情があって収穫を伸ばす

7月に種を蒔いたのですが、芽が出た頃に大雨があり、

残った芽は全体の3割程度でした。

あとは流されたのか、泥をかぶって息絶えたのか分かりません。

 

止む無く芽が出ていない所に再度種を蒔いたのですが、

当然生育状態がバラバラでした。

 

ニンジンは種を蒔いてから3ヶ月後に収穫です。

種類にもよりますが、何時も同じ銘柄の種を蒔いていますから。

 

10月末に一度良さそうなのを収穫しました。

ニンジンを上から見れば大体わかりますよね。

 

まあまあの出来でしたが、本格的に収穫するのは11月に決めました。

本日決行・・・のはずでしたが。

 

目次

 

先に蒔いた生きのこりは順調

見た目は良さそうですが、肝心の大きさがバラバラです。

よく見ると、葉の色が若干違います。

黄緑色と緑っぽい色と2種類あります。

緑っぽいのが最初に種を蒔いた方でしょう。

どちらも生きが良く、枯れ始めているものは見当たりません。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20181118152939j:plain

 

埋める予定

今日は良さそうなものだけ埋める予定です。

例年は11月半ばです。

如何に気温が高いとは言え、朝晩は寒い位になってきました。

埋めて置くと3月まで保存できますので。

 

葉が緑っぽいのを探して抜き始めました。

間違って黄緑のも何本か抜いてしまいましたけど。

それらは、やはり小さいですね。

 

50本程抜きました。

例年だと大きいのだけで200本は採れるのに、ちょっとがっかりです。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20181118154343j:plain

 

20㎝弱の物も10本位はあります。

写真では隠れて見えませんが、

 

取り敢えず埋める

家の冷蔵庫には前に収穫したのがまだ残っていますので、

家に持ち帰る気はありません。

今日収穫した分だけ埋めます。

 

葉を切る

前にラジオの質問コーナーみたいな番組に

「ニンジンの保存方法」を質問したら、

ある農家さんが葉を切って土の中へ埋めて置けば、来年3月まで持つし

美味しさも増して新鮮だよ。

と教えてもらいました。

それ以来、毎年今頃埋めています。

農家さんの言う通りでした。

 

躊躇しないでバサッと葉を切り落とします。

下の写真がそうです。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20181118155301j:plain

 

袋に入れる

掘る時に探すのが大変だし、取り残しもありますから

私は網の袋に詰めて埋めます。

いつもは10袋近く埋めているのに今回は残念です。

普通は大きさで分けて袋に入れるのですが、今回はご覧の状態ですので

適当に入れることに。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20181118155737j:plain

 

穴を掘って入れました。

深さは袋がすっぽり入る程度です。

袋の紐は結んでください。

出ないと埋め戻しの土が網の中に入り、出すときに重くて大変ですから。

 

もう一つあります。

支柱か棒を網の近くに刺して、網の紐の先端を支柱に結んで置いて下さい。

雪が積もった時の目印になります。

 

埋め戻しです。

土を埋め戻します。

最後は少し周りよりも高くなる様に土を寄せて下さい。

水はけがよくなります。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20181118160530j:plain

 

まだまだにんじんは残っています。

もう少し大きくなるのを期待していますが、今月中には全部抜きます。

良いものがどれくらい出来るか楽しみではあります。

 

でも正直言って期待できないかも。

これから大きくなるとは思えませんが、葉が黄緑色という事に

ひょっとして、もう少し成長するのでは・・・

 

淡い期待です。

毎年同じ様にニンジン作りをしても、天候に大きく左右されます。

 

本当に農家さんは大変だと思います。

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございました。