hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

アジアの食卓が微小マイクロプラスチックで汚染 塩に含まれています。日本は調査しているのか心配。

21の国・地域の9割の塩から検出

今、深刻さを増している事があります。

微小マイクロプラスチックが海洋を汚染している事は皆さんご存知ですよね。

5ミリ以下の微小です。

それが大量に海水の中に含まれています。

 

海水浴に行って袋等のゴミが体にまとわりつく、

そんな経験をしたのは相当前です。

 

現在は、海で遊んでいて海水を浴びるだけで

マイクロプラスチックを飲みこんでしまう。

これは恐ろしいです。

 

今回、塩に含まれる微小マイクロプラスチックがどの程度あるのか調査されました。

但し、日本は調査の中には含まれていません。

 

 目次

 

韓国・仁川大とグリーンピース

調査したのは

韓国・仁川大とグリーンピースのチーム。

グリーンピース環境保護団体です。

日本の調査捕鯨に対して異を唱えていますね。

体を張って調査を邪魔する光景を目にした方は多いでしょう。

 

子供の頃は食卓にクジラの料理が出ました。

あれは美味しいです。

 

でも、大分前から食べていません。

クジラが知能が高い哺乳類と家族共に知ってからです。

テレビで捕鯨のシーンを見た子供に「何故ああいう事をするの」

と言われた時は複雑な思いをしました。

 

海水に含まれた多量の微小マイクロプラスチックを

クジラが大きな口を開けてイワシと共に飲みこみます。

 

それを日本の調査捕鯨船が銛で突き、殺して解体します。

調査捕鯨と言いながら、その肉はスーパー等で売られます。

 

それを購入して日本人が食べます。

単純に体には影響が無いのだろうか。

 

有害な化学物質を吸着

マイクロプラスチックは表面に、有害な化学物質を吸着するという性質があります。

人への影響はいまだ詳しくは分かっていませんが。

 

化学物質が体に良くないのは周知の事実です。

それを魚が食べて、その魚を人間が食べる。

 

5ミリだったら気が付きますが、

0.3ミくらいは短い小骨かと思って食べちゃいますよね。

0.1ミリ以下は知らずに飲みこんでしまいます。

 

便からも検出

もう既に人の体に入っています。

日本や欧州等8か国の人の便から検出されています。

 

世界中の家庭の食卓がマイクロプラスチックで

汚染されているようです。

 

魚ばかりではありません。

何と、塩に含まれているのが判明しました。

見た目が同じで判別しにくいですよね。

 

塩1㎏に含まれる数

韓国・仁川大と環境保護団体グリーンピースの発表によりますと

調査したのは

アメリカ、中国、オーストラリア、ブラジル等

21の国と地域です。

 

調べたのは

海の塩、岩塩、縁故の塩 計39種の塩です。

そのうち36種からマイクロプラスチックが検出されました。

 

塩1㎏に含まれる数

  • インドネシアの海塩 約13600個
  • 台湾の海塩 約1700個
  • 中国の海塩 約700個

上位10種の塩の含有量が多い国・地域のうち9種がアジアです。

これはアジアが世界の中で最も多く、

プラスチックごみを海へ流している事を示しています。

 

※台湾の海塩は複数調べています。

 種類によってはプラスチックごみが無いのもありました。

※フランスの海塩と中国の岩塩からは検出されませんでした。

 

日本も率先して調査と対策を

日本は海に囲まれた島国です。

海塩の中に相当数の微小マイクロプラスチックが、

含まれていると思われます。

 

日本の政府は事の重大性を認識して早急に調査と対策を実行すべきです。

 

おそらく決定する迄、物凄く時間がかかると思うので、

 

企業は政府の決定を待っていないで

使い捨てプラスチック製品の製造を自粛、若しくは廃止の方へ進んで下さい。

 

皆さんも海へプラスチック製品を捨てないで下さい。

 

海洋汚染大国にならないように願います。

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございました。