hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

ラム肉とゴボウのピリ辛鍋

鍋物は思った以上に体に良い

鍋物が好きで色々調べていたら、ただ美味しいだけでは無いんですね。

体に良いことが分かりました。

今回はラム肉とゴボウのピリ辛鍋です。

 

ラム肉とゴボウの効能も調べてみました。

 

ゴボウの効能

f:id:hiro-hitorigoto:20180704203541j:plain

植物繊維が何といっても豊富です。ゴボウに含まれる水溶性食物繊維は大腸の働きを活発にしてくれます。便秘解消や大腸がんを予防し、血糖値を下げる効果があります。

 

さらに、腎臓の機能の働きを助け、新陳代謝と美肌にも効果があると言われています。

 

豆板醤の効能

豆板醤は中国から伝わった発酵調味料です。

栄養が豊富で健康を保つために必要である様々な効果を持っています。

 

豆板醤の原料である唐辛子。これに含まれる「カプサイシン」は脂肪の燃焼を助けてくれます。

 

唐辛子の赤色色素「カプサンチン」というものが含まれており、人の体に悪い影響を及ぼす、活性酸素や一酸化窒素を除去し病気を治し、老化を遅らせる効果があります。

 

ラム肉にはどんな効果があるでしょう

f:id:hiro-hitorigoto:20180704202947j:plain


ラムとは、生後14か月未満の羊で大人の羊の様に臭いにおいはありません。

不眠やイライラを解消してくれます。神経も活性化させてくれます。

 

カロリーが低いのでダイエットにも効果があります。

冷えからくる腹痛を治し、ストレス過剰で起こる自律神経失調症の改善に効果があります。更に貧血予防にも効果があります。

 

それでは、体にとっても良い

◉ラム肉とゴボウのピリ辛鍋を作りましょう。◉

材料(2~3人分)
まず、

  • 長ねぎ(みじん切り)・・・・1/2本
  • ニンニク(みじん切り)・・・1片分
  • ショウガ(みじん切り)・・・大1片分
  • 白練りゴマ・・・・・・・・・大さじ3
  • オイスターソース・・・・・・大さじ1
  • 油・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • ごま油・・・・・・・・・・・大さじ1
  • トウバンジャン・・・・・・・小さじ1~2
  • 花椒(ホワジャオ)・・・・・小さじ1

上記を土鍋に合わせて下さい。

 

  • ゴボウ・・・・・1本
  • 白菜・・・・・・1/6個
  • お湯・・・・・・600cc
  • ラム肩ロース(焼き肉用)・・・300g
  • パクチー・・・・適量

作り方

  • ゴボウはささがき(笹の葉の様に薄く斜めに)切ります。
  • 白菜は一口大のざく切りに切ります。
  • 先ほどの土鍋を弱火にかけ、混ぜながら煮立て、香りを立てます。
  • お湯を加えて中火で煮立てます。
  • ラム肉を加えます。
  • 再び煮立ちましたら、先ほどのゴボウと白菜を加えます。
  • あくを取り、具材に火を通します。
  • パクチーの葉先を摘んで加えます。


料理研究家の検見崎 聡美さんのレシピを参考にさせて頂きました。

 有難うございました。

 

 

鍋物大好き」も見て下さい。

www.adarihodori.com