あだり ほどり

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

何かと面白いイヌ その名はリキ。3日目に死んでしまった生まれたての猫のミイ。

私が独立して自分の家を持ってから大分経ちますが、

その間様々なペットを飼いました。

最初は犬、そしてハムスター。その頃流行だったのかな、子供にせがまれて

飼うことに。私はあまり好きではありません。

いつまでも水車の様なところを走り続けているのを見ると馬鹿馬鹿しくなります。

セキセイインコも飼いましたね。

猫も、最初の猫は我が家に来て3日目に死んでしまいました。

今回は犬と、この猫について書こうと思います。

 

子供の頃からの夢が犬を飼うこと

家庭を持って初めてのペットがリキです。ワンちゃんです。

この子は新聞の「子犬をあげます」の広告で譲り受けました。

 

飼い主は「他の子はみんな貰い手が出来て引き取られたが、この子だけはまだで、

ちょっと大きくなってしまって」と言いました。

子犬はアイヌ犬の雑種でオス。

 

目次

  

せっかく行ったので手ぶらで帰るのも何だし、可愛い顔をしているので

頂くことにしました。段ボールに入れて後部座席に置き、娘が横に座ることに。

 

それが、後で後悔することになるとは。

妻が抱きかかえて運べば良かったのですが、息子を抱っこしていたので

仕方ありませんでした。車の揺れで動く段ボールを抑えるには

4歳の娘では無理でした。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20180501163742j:plain

リキです

 

この犬は それが原因で車に酔う犬になってしまいました。

写真では偉そうにしていますが、車に乗ると酔うというトラウマが再発されて

後で可哀そうな体験を何度もします。

 

海とか30分以上のドライブだとそわそわし始め、こちらも気になる。

車から降ろすと・・・あとはご想像通りの状態になります。

極力気を紛らわせてやろうと思って助手席に乗せ、

窓を開けてやりますが駄目でした。

 

ごめんねリキ。俺が悪かった。

 

リキは初めは違う名前でした。 

甚左衛門 なんでこんな名前にしたのかと言うと、友達の犬が権兵衛でしたので、

私も面白いと思い似た様な名をつけたのですが、後で考え直しました。

 

何故かと言うと 

この犬は首輪抜けの天才でした。もう嫌になるくらい勝手に散歩します。

散歩をさせない訳では無くて1日に朝、晩の2回はしていたのに。

 

私は今どきのペットを飼う人と違って犬は庭で飼うものだという固定観念

ありましたし、ほかの家でもその頃はたいがい庭で飼っています。

 

朝、散歩をさせようと思って庭に回ると鎖と待っているのは首輪だけ。

慌てて外に出て「じんざえもーん」「じんざえもーん」と名前を呼びますが、

見つかりません。

 

普段は名前を呼ぶと、すぐに駆け寄ってきます。結構頭は悪くないようです。

たぶん・・・。

 

甚左衛門と散歩をするコースに広い野原があります。

そこでよく散歩ひも(今はリードと言いますね)を外して自由に遊ばせます。

他の犬が後で野原に来ても、名前を呼べば戻ってきますが。

 

でも大型犬がいると猛然と走り出して向かっていくので気が気であありませんね。

強い、相手の犬はたいがい怯みます。でも強く名前を呼ぶと途中で戻ってきます。

 

他の大型犬も放されているともう大変です。

 

甚左衛門はアイヌ犬です(雑種ですが)。ご存知の様に熊と戦う犬です。

もし怪我でもさせたらと気が気ではありません。

 

うちの犬は筋肉もりもり

飼った時から近所の肉屋で牛肉の骨を買ってきて、

煮込んでから冷まして通常のエサの他に与えていたので

筋肉もりもりです(ちょっと大げさ)。

 

成犬になってからは妻が散歩させると、言う事を聞かず、

好きな方へ歩き出すので引きずり回されます。

近所の人に「どちらが散歩させているか分からないね」とよく言われました。

娘がやると目を覆いたくなるような状態になります。

 

それで、まあ他の犬に怪我でもさせてはと懸命に探します。

 

近所の人に、あそこの陰で隠れていますよと笑いながら教えてもらいました。

成る程、いました。悪いことをしたと思っている様なしぐさをしますが。

 

でも何故、近所の人が笑っていたのか、何となく意味ありげな雰囲気でした。

家に帰って妻に言うと「名前がねー」とかえってきました。

 

私も度々なので名前を呼ぶ時は何となく気恥ずかしい思いはありましたから。

 

それで、違う名前にしました。2回目の名前は忘れました。

しばらくしてリキと命名しましたが呼びやすくなりましたね。

 

リキにとっては迷惑だったと思いますよ。

 

でも気になるのは、たぶん私たちが寝ている頃から逃げ出しているので、

方々に子供がいるのではと・・・。

この辺が飼い主と違う所で。

 

1年位してから別の地に新築したので引っ越しです。

今度の庭も広いのでリキはやはり庭で飼いました。

子供が縁で多くの家族と親しくなりましたが、

よく回り持ちでバーベキユウをしました。

リキも連れて行きますが焼き肉を冷まして与えるとパクパク食べます。

他の人が酔っぱらうと肉などの食べ物を地面に落しますね。

それを片づけるのはリキの役目でした。

 

連れて行かないとワンワンないてうるさいこと、気になって飲めません。

「連れてくればいいのに」とみんなが言います。

行くとふてくされているのが分かりますね、犬は表情が豊かですから。

 

ごめん、リキ

 

色々な事がありましたが、ついにリキも寿命が尽きる時を迎えました。

段々に痩せていき前から見ると煎餅のような体になり、

庭ではまずいと思い、玄関エントランスに住居を移しました。

広く、雨もかからないし、何よりも目が届くし、

リキもさみしくないと思ったからです。

 

近所の子供たちも声をかけてくれるからです。

そんな体になっても散歩はしたいみたいで、私が近づくと

「行こう」と目が訴えています。

 

でも、ものの30メートル位で立ち止まってしまい、

よろよろと歩く姿は見るに堪えません。抱いてやると軽くなったなと感じます。

 

近所の子供たちも心配そうに見ていましたね。

 

ある日、職場に妻から電話がかかりました。

「リキが死んだ」来るべき時が来てしまうことに。

 

帰ると、近所のお兄ちゃんが「リキ死んだね」と寄ってきました。

妹たちも悲しそうな顔をしています。リキは人気者だったから・・・。

 

毛布にくるんで初めて家に入れてやることに。

台風とかの日は玄関に移したことはありましたが、座敷には初めてです。

仏間に置き、首輪等と好きなエサを添えてやりました。

 

翌日、火葬されペットの共同墓地に葬られました。

 

これでリキの話はお終いです。

たまに夢に出て来る様ですが、何しろ夢なのではっきり覚えていません。

 

すぐ死んでしまったミイ

ミイの写真はありません。ひょっとして子供が写しているかも

とは思いますが、何しろ20年くらい前になるかな、探しようがありません。

 

赤ちゃん猫を内緒で面倒見る

この猫は捨て猫で息子と友達たちが見つけました。

子供心に親に話せないと思い、かわるがわる自分の部屋に隠して

世話をしていたようです。

 

息子の番になり部屋の押し入れに隠していました。

夕食を囲んでいる時に「ミヤー」と猫の声が、みんなで顔を見あいましたが

息子だけが「ヤバい」と困った顔をしていたような。

 

「2階だ」娘が叫び、2階に上がって行き、

降りてきた娘の胸に猫が抱かれていました。

目が開いたばかりの赤ちゃん猫でした。

手足が体に対して大きく、まさに生まれたてと言ったような感じでしたね。

 

「お腹が減っているんだ」娘は言いました。

綺麗な布に温めたぬるめの牛乳を浸して口に持って行くと

「チューチュー」と吸っています。

まずは一安心。今思うと誰も「捨ててこい」とは言いませんでしたね。

こんな生まれたての猫を見れば助けなくちゃと思うのが人情です。

 

不注意で死なせてしまう

とにかく汚い。友達も家族に内緒で面倒を見ているので体を洗ってやる事は当然できませんよね。

私が洗ってやる事になりました。温めのお湯で手足からゆっくり洗ってやりました。

落ち着いているので徐々に腹からお尻、最後に胸を洗ってやりました。

見違えるほどきれいになりました。

 

3日目に奥さんが洗ってやることに決まり、

暫くすると慌てて猫を抱いたまま居間にに入ってきました。

「様子が変」妻がつぶやきました。

見ると苦しそうにしています。あくびも。

 

ちょっと熱めのお湯で洗ってやったみたいです。

心臓麻痺ですね。胸をマッサージしましたが、喘ぐような感じでしたが

だんだん呼吸も小さくなり、そのまま死んでしまいました。

 

我が家に来て3日目の晩でした。

 

今も庭の片隅で

リキとは違い赤ちゃん猫です。話し合いの末庭に埋めることになりました。

近所の人はゴミとして持って行ってもらったらと言いましたが。

それは考え付かない事でした。私には。

たとえ3日でも大事な家族です。

その当時は今みたいにいたるところにペット斎場はありませんでしたし。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20190119164115j:plain

中央の小さな木の手前の石の下にミイは眠っています。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20190119164549j:plain

この石の下で眠っています

リキは18歳、ミイは生後1週間位かな家に来て3日で他界しました。

この後、また猫を飼いました。

今度は前にこりて正規の手続きを踏みました。勿論家族の承認も得てです。

その猫も17歳で2年前に亡くなることに。

いま、我が家には3匹目の猫がいます。

この子も何の因縁か捨て猫です。

 

お暇がありましたら読んでみて下されば嬉しいです。

カテゴリーの中のペットに入っていますので。

 

ここまで読んで下さり、有難うございます。