あだり ほどり

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

上巳の節句 ひな祭り 女の子のお祭り 由来と歴史

上巳の節句

3月3日 ひな祭り、女の子の節句です。

五節句の一つです。

一年間に五つの節句がありますが、節句とは季節の節目に行われる行事です。

中国の陰陽五行説が由来(古くからある物事が今迄に経てきた筋道)して、

日本に定着した季節が変わる日に行われる伝統的な行事です。

 

子供の頃、女の子の家に遊びに行くと雛段を飾っているのをよく見ましたが。

なぜ、家では飾らないのかと不思議に思っていました。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20180524162358j:plain

 

母親に聞くと「ひな祭りは女の子がいる家でするものなの」と教えられました。

我が家は母親を除くと男ばかりでした。

そう、女の子がいない家では基本的に飾らないものでした。

 

ひな祭りはいつ頃始まったの

ひな祭りの行事は中国から伝わりました。

五節句の一つで上巳(じょうし又はじょうみ)の節句が有り、

日本では今から1000年くらい前の、平安時代中頃に始まったとされています。

 

ひな祭りは何のために始まったの

上巳の節句が3月3日に定まったのは室町時代の頃です。

藁や草で人型の人形を作り、それで体を撫でて、体から人形に穢れを移します。

それを川や海に流して厄払いや邪気を払うという風習があります。

 

貴族階級の女の子の間では紙の人形(ひいなと言います)や身の回りの道具等に

見立てた遊び道具で遊ぶ、言ってみればままごとみたいな遊びがありました。

これを「ひいな遊び」といいます。

 

この「ひいな遊び」と人形を川に流す風習が段々に結びつくようになり、

「流し雛」と言われるようになりました。

 

体から厄払いや汚れを祓い、子供を守り健やかに成長してほしいと願うために

始まった行事です。


女の子の節句になったのは

女の子の節句になったのは、江戸時代に入ってからです。それ以前は長い戦乱が

続き、昔は老若男女にかかわらず、祓いをするための行事でした。


徳川家康により日本が統一され、戦乱が無くなると次第に華やかな女性の行事

=ひな祭りと変わっていきます。幕府の位の高い女性たちの間で行われるように

なりました。


それが庶民の間にも伝わり日本中に広まっていきました。

女の子の赤ちゃん誕生を祝う初節句も加わり、ますます盛んになっていき、

日本の代表的な行事となっていきました。


この頃から女の子の節句となっていきます。

 

あられを何故食べるの

日本の古くからの行事では、その日に食べると良いとされる食べ物があります。

ひな祭りで食べられる雛あられは白、桃色、緑の3色ですね。

この3色には意味があります。

 

自然のエネルギーを雛あられを食べることにより体に取り入れ、病気をしないで

健やかに成長します様に、との願いが込められています。

 

地域によって若干変わってきますが、雛あられには黄色を加えた4色のものも

あります。

これは春、夏、秋、冬の四季を表しています。


子供が白酒を飲んでも良いの

f:id:hiro-hitorigoto:20180523172007j:plain

 

白酒は大人が飲むもので、子供は駄目です。

甘酒はノンアルコールですので飲んでも大丈夫ですが、やはりあまり飲み過ぎない

様に気を付けてね。

 

ひな祭りの料理等をもう少し詳しく、ご紹介する為に書いた記事があります。

良かったら読んで下さいね。

 

www.adarihodori.com

 

さあ、もうすぐひな祭りです。今年も丈夫に元気に過ごしましょう。

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございます。