hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

車が制御不能。ちょっとしたミスで生き物のように勝手に回り始めて止まらない。

やっちゃいました。恐怖のスリップ事故

相変わらず車の事故多いですね。

突然、車の流れが悪くなり、渋滞になる事があります。

やっぱり事故だった。たまにですが事故に遭遇することがあります。

 

毎年のことながら、道路が凍っているとヒャリとした体験をした方は多いでしょう。

今年の2月頃ですが、スリップした車に巻き込まれた、3重衝突を目にしました。

 

2人は言い争っている様でした。もう一人はそれをぼーっと見ています。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20180614203314j:plain

当事者は大変だなと思いながら、凍った道路をのろのろ進む車の列に私もいました。

事故の様子を見ながら運転は出来ません。今度はこちらの番かもしれません。

 

 

事故を見ると思いだすことがあります。

私もやっちゃいました。

車を運転する皆さん、冬の運転は大変ですよね。特に下りの坂道。

去年も寒さが厳しかったです。

 

特に早朝、そうです。朝日が出る時間は最低気温です。

仕事とはいえ、そんな時間に車を運転する人にしか分からない怖さがあります。

 

雪の坂道

f:id:hiro-hitorigoto:20180614203456j:plain

冬の坂道は思っているより危険。

実は私も、ついこの間やりました。

何をかって 

スリップ事故です。

この記事を書いてる自分が生きている証拠ですが。「俺、死ぬのか」と思いました。

とにかく、夢の様な訳の分からない、長いような、短いような体験でした。

 

皆さんに同じことが起こらない様、その体験をお伝えします。

 

仕事の都合で山あいを走っていました。

最近の雪で、道端には除雪の雪がうず高く積まれています。

道路も7時前なので大分凍っている状態です。

 

途中ダムがあり、過ぎると2つのトンネルがあり、抜けると長~い下り坂です。

毎日、通っている道ですが若干の緊張感を感じました。

 

他の車も若干スピードを落としめに走っています。

対向車線の方から、ダンプカーが数台こちらへ向かって来ます。

 

うっかりブレーキを踏んでしまった

すると、先頭のダンプカーがセンターラインを少し超えました。

アッと思い私は軽くブレーキを踏んでしまいました。

 

途端に、車は異様な音を立てて回り始めました。

左は、ガードレールがあるとはいえ、深い崖です。

 

車が回る方向にハンドルをゆっくり回すのですが、

車はグオーングオーンと回りながら坂を滑って行きます。

道路の脇は崖です。前からはダンプが迫ってきます。

 

迫って来るというより私の車がダンプに近付いて行きます。

ダンプは私の車の異変に気が付いて、止まっているはずです。

 

「俺、死ぬんだなと」と思いました。

 

ガードレールの隙間の辺りは林です。

そこに来た時、車輪が側溝に滑り落ちた瞬間、物凄い衝撃で車が跳ね上がりました。

 

「死ぬ!」 物凄い恐怖で長ーく空を飛んでいるような状態に感じました。

車は着地しました。そこは林で、木をすり抜けて走って行きます。

 

正面の木に衝突し、やっと車は止まりました。

 

生きてた


少しして、われに返りました。

「助かったのか」

体を恐る恐る動かしました。体はどこも怪我をしていない様でした。

 

エンジンは停まりましたが、クラクションは止まりません。

ドアを何とかこじ開けて外へ出ました。

 

車の前部は大破し、下部もメチャメチャにこわれています。

 

警察を呼ぶ

当然、警察へ連絡を入れましたが110番するのは初めてです。

電話している最中に同じ様なスリップ音がして他の車が回転しています。

 

後続車が次々と、その車に追突しています。

 

「なんかすごい音がしていますね」電話口の女性がつぶやきました。


凍った道での対処法

こんなわけでスリップ事故を起こしてしまいました。

不幸中の幸いは自分の車の被害(当然ですが、大破し、廃車になりました。あと1回で車のローンが終わったのに、ガーン・・・)

雪で路面が覆われていても、雪の下は凍っている可能性が大です。
黒く見えている箇所は大体凍っています。
カーブや前車に接近してきたなと感じたら、まず、エンジンブレーキを利用する。
次にシフトダウンをする。
最後に軽くブレーキを踏む。軽くですよ。
停まるときはゆっくり停まる。
発信もゆっくり
後続車が「早くしろ」とあおり運転しても気にしない


チェーンの携帯が必要。

大体の人はスタッドレスタイヤを付けていれば安心と思っていますが、平坦な都市部や住宅地を走るときは何とかなりますが、でも、あくまでなんとかです。

 

山道や大雪の所を走る場合はチェーンを携帯するべきです。

皆さん、雪道を甘く見ないで

 

それで、車種によって前輪に着けるか、後輪に着けるかが変わってきます。

エンジンの位置と駆動方式で変わります。

 

前の文字がエンジンの搭載位置を示します。

後ろの文字が駆動輪です。

 

後ろがFならば前輪駆動

Rであれば後輪駆動となります。

FF車のチェーン取り付けは前輪

FR車はチェーン取り付けは後輪

4WDは車によって違いますので、ガソリンスタンドで尋ねるか、取扱説明書をお読みください。

 

4WDだから安心という人もいますが、世の中絶対と言い切れることは殆んどありません。

 

私の大破した車は2輪駆動と4輪駆動の切り替えのできる車でした。

事故った時は4輪駆動に切り替えていませんでした。

切り替えたつもりだったのですが・・・。全くアホでした。

 

自業自得です。

皆さん、繰り返しますが「雪を甘く見ないで下さい」。

 

 特に、前の車にぴたりとつけて、あおっている貴方。

命取りになりますよ。