あだり ほどり

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

寒い時に行ってみたいポリネシア。タヒチはフランス領だった。しかもゴーギャンが・・・。

南の島々ポリネシア  魅力たっぷり

f:id:hiro-hitorigoto:20190129135815j:plain

3℃です。寒いですね。ここ宮城県はとっても寒いですよ。

風が強く体感温度はかなり低いと思います。

金曜日は気温がもっと下がる予報が出ていますし、

もっと寒い地方の人から思えば「何だそれぐらいで」と言われそう。

 

ところでこんな時に私はいつも思います。

暖かい所へ行きたい。

仕事も何もかも忘れて暖かいところでのんびりしたい。

 

ポリネシアなんていいんじゃないですか。

なんか響きが良いですね。

ポリネシア 南の島々ポリネシア

行ってみたいところの一つです。私にとっては

 

ポリネシアってどこだべ

ポリネシアって太平洋のどこいらへんなんでしょうか結構広ーいイメージは

ありますが。具体的には分かりません。

分からない時の google 検索

早速調べてみる事にしました。

 

太平洋の

要するにハワイ、ニュージーランドイースター島を結んだ三角形の中が

ポリネシアです。

ついでにポリネシアとは多くの島々という意味でギリシャ語でした。

 

わたしが行きたいのはタヒチ

f:id:hiro-hitorigoto:20190129182014j:plain

 

ハワイは行きたいと思ったことはありません。魅力あるところですが、

何故かわかりませんがタヒチに行きたいです。

ハワイは行っただけの価値はあるでしょうけど観光地化され過ぎています。

行った事も無いのに生意気ですね。私は。

 

何故かフランス領

ただ、ここは今だにフランス領なんですね。

フランス領ポリネシア

そう言えばイースター島も何故かチリ領ですよね。

欧米人に取られる前に取ってしまおうと思ったのか、良く分かりません。

チリの首都サンティアゴから何と約3700㎞もあります。

ここへ行くには中継地としてタヒチがあります。

何とタヒチからイースター島まで約4000㎞もありますよ。

 

格安ツアーで30万円位で行けるそうですが、何日かかる事やら

想像もつきませんね。私にはですが。

 

タヒチの話しに戻しますが、何故かフランス領ポリネシアの中にあります。

貨幣もユーロなんでしょうか。

 

フランス領ポリネシアの概要

118の島があり、その内67の島に人が住んでいますが、

総面積:4,167㎢ 日本の石川県程の面積です。

人 口 :245,405人(2002年の国勢調査による)

    内訳 ポリネシア人:83%

       ヨーロッパ人:12%

       東アジア人:5%

 

フランス領ポリネシアに含まれる諸島

  • ソシエテ諸島 タヒチ島  等
  • オーストラル諸島
  • トゥアモトゥ諸島 ムルロア環礁があります。 1974年まで46回のフランスの核実験が行われ、人体や自然環境が放射能汚染で深刻。
  • マルキーズ諸島

最近は聞きませんが、子供の頃この辺でフランスが核実験をしたという報道は

記憶にあります。どうしても実験がしたかったら本国でやったら。

   

ゴーギャンタヒチがお好き

小、中学生の頃からかゴーギャンの絵を見たことがあります。

「良いなー、僕も行ってみたい」

単純にあこがれていました。絵に描かれている女性たちは眩しかった。

 

でも何故女性たちばかり描き、男性は殆んどいないのかと

素朴な疑問を持ちますよね。奴隷としてフランスに連れていかれた ?

 

人口が激減

ゴーギャンタヒチを訪れる100年以上前から、ヨーロッパ人が来ており、

彼等はヨーロッパから感染病を持ち込み、結果タヒチの人口は3分の1まで

減少していました。

 

タヒチ特有の文化も衰退し、宗教もキリスト教に改宗させられ、

彼女たちが着ている衣服の布はヨーロッパからの輸入品だとか、

 

ゴーギャンが友人に書いた手紙

毎晩アルコール度の高い酒を飲み、15歳の現地妻との営み、

報酬はわずか10フラン。

なかには13歳の少女もいたとか。

これが43歳から54歳でこの世を去るまでの彼の日常です。

 

これからゴーギャンの絵を見る時は、今までと違う感じを受けるでしょう。

いや、あえて見ようとは思わない。 

検索って思いもしない事を知ってしまう事があります。今回のことは

知りたくなかった。

 

日本人と同じ祖先 ?

気分を変えて調べてみると

タヒチの人達は赤ちゃんのお尻に青いあざがあります。

日本人と同じですね。

同じモンゴロイドの可能性もあるかも。

 

ポリネシアの人達はラピタ人と言われますね。

遠い昔にアウトリガーを付けた小舟で太平洋に乗り出しました。

一説には二つの小舟を結び付けたと言われています。

方位は特定の星が沈む位置で分かっていたと言いますが、コンパスとかの

機器が無い時代ですから、大変な航海だったと察せられます。

 

 

独立には要注意

トンガ王国が独立しましたが、

中国に頼り過ぎて多額の債務を作ってしまいましたね。

それを棒引きと引き換えに

結果「一帯一路」戦略に取り込まれてしまいました。

日本の時代劇の悪徳商人と似ています。

 

何のための独立だったのか

これからは一国に頼らずに国連を頼るとかしないと、

また同じ憂き目を見ますよ。

 

今回は単純にタヒチへ行きたい。という願望から書き始めました。

いい加減な事は書けないので、検索して調べました。

何しろ行った事が無いので。

結果色々な事を知ることとなりました。

 

万国博覧会が2025年に大阪で行われますが、

1889年にもパリで万博が行われました。

そこでは搾取したアフリカの奴隷を連れてきて、現地の生活様式を作り

奴隷が生活している模様を見世物にしたそうです。

人間動物園です。

タヒチの人も展示させられました。

 

幕末の頃、日本では徳川幕府がフランスから巨額な軍費と軍備の提供を

打診されていました。

まかり間違えればフランスに占領され、タヒチの人達と同じに

人間動物園に展示されたかも。

明治維新は 1868年です。

 

でも必ず行ってみたいタヒチ

色々な事が分かりましたが、やはり行ってみたいです。

アジア、アフリカ、ポリネシアは同じ様な憂き目を見てきました。

でも、自然は変わりません。人も本来の有るべき姿に戻るはずです。

それを見てみたい。

自分たちは誇りをもって生きている。その様な姿を。

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございます。