hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

やっぱり貴乃花親方 理事解任

貴乃花親方の事を整理する為に書いている記事です。

2回目になります。

 

古い内容で恐縮です。

 

目次

 

 

 

f:id:hiro-hitorigoto:20180817121454j:plain

予てから予定されていた、

昨年の日馬富士の暴行事件における貴乃花親方の処分に対する議案を、

日本相撲協会の臨時評議員会で審議。

 

貴乃花親方の理事解任決まる

しかも全会一致で
1月4日 東京墨田区両国国技館日本相撲協会は、貴乃花親方の理事解任を協議するため、臨時評議会を開催。

結果、全会一致で解任を承認した。

 

昨年、秋巡業中に起きた元横綱である日馬富士が暴行事件を起こした際、巡業部長としての報告を怠った為である。

 

貴乃花親方は2階級降格の役員待遇委員となる。

加害者側である日馬富士が所属する伊勢ケ浜親方も2階級降格となりました。

 

2月に行われる理事候補選挙への貴乃花親方の出馬は認められている。

これ、ちょっと気になりますね。

 

もし、当選すれば後の経緯を経て3月にはたった2か月で理事へ復帰できることになる。

一般常識ではでは考えられないことで、せめて1年は出馬できないとした方が納得できる。

 

これは昨年の八角理事長の考えであるが、出馬の際にまた、ゴタゴタするような気がする。評議会が黙っているとは思えない。一般の人も首をかしげると思います。

 

そのことをマスコミが尋ねると、池坊議長は、もし、理事候補として挙がってくれば「真摯に 厳粛に 粛々と進めていく」と返答しました。

 

これからは、相撲協会側も不用意な発言は気を付ける様にしないと。今後の貴乃花親方の言動を見てから判断した方が賢明かも。

 

でも、世に知られてしまいましたね。撤回すると波紋が起きるかもしれません。

理事解任は相撲協会で初めて
元文部科学副大臣池坊保子議長が正式に発表した。

理事解任を相撲協会から電話で連絡を受けた貴乃花親方は「分かりました」と答えたとの事。池坊議長が会見中にその連絡が入りました。

 

著しく礼儀に欠く

池坊議長の言葉

「責任を重く考え、理事解任の決論となった。理事の忠実義務に違反する。決議を厳粛に受け止め、真摯に反省し、今後は協力し合い、礼を持って行動してほしい」と話したとの事です。(これはyahooニュースからの抜粋です。有難うございます。)

以前から池坊議長は「著しく礼儀に欠く」と貴乃花の対応を批判しています。

 

1958年に日本相撲協会が創立されましたが、理事解任は初めての事です。

 

暴行事件における当事者や関係者の処分
2017年12月20日に臨時理事会を招集し、処分が決定されました。

 

その場に居合わせた

横綱  白鵬

2018年1月の給与を不支給
同2月の給与 50%減額
横綱  鶴竜

2018年1月の給与を不支給
横綱  日馬富士

すでに自ら引退をしているので、今後の処分の基準とする為「引退勧告相当」とする
八角理事長

残りの任期である3か月分の報酬を全額返上


日馬富士の師匠伊勢ケ浜親方について

この日の理事会を最後として理事を解任される
日馬富士を除き、白鵬の処分が重いのは最初に貴ノ岩に注意したからか、すぐに日馬富士の暴力を止めなかったからか。

 

確かに、すぐに止めればここまで大きな問題とはならずに済んだかもしれません。

何よりも普段、日馬富士貴ノ岩を同郷のよしみもあり、かなり可愛がっていたようです。モンゴルの人の話でも2人は大変仲が良いと報じられていました。

 

暴力は破滅を招く 

何はともあれ、今回の事を通じて相撲協会が一致団結して、一枚岩となって欲しいものです。暴力は破滅を招くだけです。

 

もうすぐ初場所ですが、日馬富士はもう復帰は出来ません。あの素早い取り口は見られなくなりました。

 

鳥取簡易裁判所から50万円の罰金を言い渡されています。

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございました。