hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

貴乃花親方の提出した力士らの所属願い、引退届を退職願と読み替えるよう上申書を提出。

退職願いを提出

貴乃花親方は9月25日に

日本相撲協会に退職届を提出しました。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20180817121454j:plain

ビックリですね。

昨年の元横綱である日馬富士

貴乃花部屋の弟子に対して起こした傷害事件以降、

 

貴乃花相撲協会はギクシャクした関係になっていましたが。

 

目次

 

 

www.adarihodori.com

 

www.adarihodori.com

 

まさか、退職願を出すまでに悪化していたとは思いませんでした。

 

内閣府に告発状

貴乃花親方は内閣府に対して告発状を提出していました。

今年の3月です。

 

内容は

この事件に対して日本相撲協会

協会に対しての対応が悪いと

貴乃花に「懲戒処分」を課した。

 

貴乃花親方は

「事件の調査が親方と内部の関係者のみで行われていた、

調査の内容が不透明である」

と、

内閣府に対して立ち入り調査を求めていた。

 

後に、貴乃花部屋内部で弟子の暴行事件があった事が発覚した為。

告発は取り下げたが・・・。

 

この告発状対して

相撲協会は、貴乃花に「内容は事実無根」であると認めるよう強要した。

 

貴乃花の言い分です。協会は否定していますが。

 

貴乃花

真実を曲げて、告発は事実無根だとは認める事は出来ない

と主張。

 

しかも、

 

廃業する様に「有形無形の圧力を受けた」

 

と主張。

 

真実は当事者しか分かりませんので、自分の意見など言うつもりはありません。

ただ、寂しいですね。

 

この「事実無根」という言葉を受けて

引退を決意した

貴乃花は言っています。

 

横綱である千代の富士を破り、引退を決意させた事。

そして、怪我をおして難敵を破り、優勝した時の

鬼の形相。

時の総理大臣の小泉さんに表彰式の時に

「感動した !」と言わせた相撲。

 

彼も大横綱になって行きました。

 

はっきり言って、

こんな辞め方だけは、して欲しくなかった。

 

 

これが今回の貴乃花の退職届(退職願)の簡単な内容です。

重箱の底をつつく様な事は書きたくありません。

何度も言いますが、

 

当事者しか分かりません。

 

でもなんか、引退届か退職願か分かりませんが、

この問題に発展した理由にずれがあるような気がする。

 

一度、胸襟を開いて話しあってもらいたい。

と考えるのは私だけではないと思います。

 

少年に相撲を教えたい

退職届を提出した貴乃花親方はこの日の夕方、記者会見を開き

今後の行動について語っています。

 

今後は「少年に相撲を教えたい」

と言っています。

 

土俵に育てられた私…土俵に携わっていきたい。

住まいでもあります部屋に、土俵はある。

出来る限り、土俵は存続のままでいきたい。

 

今回の問題に対して、昨日の27日、

日本相撲協会は臨時の理事会を開きました。

 

内容はどうでも良いです。

いや、あります。

残った弟子たちが気持ちよく相撲を続けられる

最善の環境を作ってあげて下さい。

 

あの大横綱である貴乃花が、自分で言った事を撤回することはあり得ない。

 

留まるには、相撲協会は彼には狭すぎるかも

 

 

 

すこし、骨休みにお兄ちゃんと

旅行でもしてきたら。

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございます。