hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

貴ノ岩引退 無理偏に拳骨・・・貴ノ岩と読む 日馬富士とは違う。

無理偏に拳骨と書いて兄弟子と読む

これは相撲界の上下関係の厳しさを表したものです。

ご存じでしょうが拳骨(げんこつ)と読みます。

 

言葉よりも手の方が早い。

昔から相撲界に関わらずスポーツの世界は厳しかったようです。

現在でも様々な暴力事件を起こして、マスコミ等が賑やかに報道していますね。

 

拳骨ばかりでなく言葉の暴力も、昨今では甚だしくなっています。

パワハラ続出が今年のスポーツ界のイメージでもあります。

 

羽生選手や、高梨沙羅さんとか大勢の選手が活躍し、

日本中を歓喜に包んでくれた選手も大勢いますが。

どうしても陰の部分はありますね。

 

それにしても、今回の暴力事件は首をかしげたくなります。

暴力された人間が、同じことを下の者にはたらく。

 

嘆かわしいですね。

殴られた人間の気持ちが分かるはずなのにね。

 

 

目次

 

被害者が加害者になる

今月5日、日本相撲協会の発表がありました。

内容は

大相撲の千賀の浦部屋所属の前頭 貴ノ岩

巡業先で訪れていた福岡県行橋市で付け人に暴行を働いた。

という事です。

 

暴行の理由は、付け人が忘れ物をした、

彼曰く「忘れ物をしたのに言い訳をしたから」

貴ノ岩は拳と平手で4、5回殴りました。

 

忘れ物とは何だったのでしょう。

財布でした。

タクシーや飲み会等の会計を付け人に任せる為か、

財布は自分で持つのが常識では、

28歳と大人なのだから、出かける前に確認するとかしたら

 

NHKのチコちゃんに言われそうですね。

「ボーっと生きてんじゃねーよ ! 」

 

 

でも今回は日本相撲協会の動きは早かったですね。

「暴力決別宣言」をしたのに、残念だったと思います。

貴ノ岩が暴行をしたと知った時はショックだったでしょうね。

私も同じです。

 

平幕貴ノ岩が7日に現役引退

相撲協会に引退届を出し、八角理事長に受理されました。

 

貴ノ岩は大東区の千賀の浦部屋で会見を行い、

記者団に向かい15秒ほど頭を下げました。

 

口上は

「この場をお借りして、手を挙げてしまい(被害者に)大変つらい思いをさせてしまったことを深く反省し、責任を取って、本日もって現役を引退させていただきます」

 

「この度巡業先で弟弟子に手を挙げてしまい、大変つらい思いをさせてしまった。(被害者の)お父さん、お母さん、家族の皆さま、千賀ノ浦部屋の親方、おかみさん、部屋の力士たち、部屋の関係者、応援してくださる皆さま、大相撲を支えてくださるファンの皆さま、日本相撲協会に大変ご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした」

 YAHOOニュースから引用させて頂きました。有難うございました。

 

教訓が生かされない

日馬富士に暴行を受けて怪我をさせられた貴ノ岩

今度は自分の付け人に暴行をはたらいた。

本来なら自ら暴力を否定する力士になって欲しかった。

 

で無いと貴ノ岩に対する暴行事件で責任を自覚し、

引退を決意した日馬富士の行動が無駄になります。

 

 

f:id:hiro-hitorigoto:20180817121454j:plain

 


日馬富士貴ノ岩に暴行した時のことを書いた記事です。

読んで頂ければ嬉しいです。

 

www.adarihodori.com

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございました。