hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

たこ揚げ 誰が最初にあげた。日本人かなそれとも・・・

たこ揚げで遊ぼう

日本も他の国でもたこ揚げは盛んですね。

風を受けて空に舞うたこは動的で、タコ糸を操った人は風の動きを読み、

糸を出したり引いたり、結構気が許せないスポーツのような遊びと思います。

 

ちょっと間違えると糸が切れて、くるくる回りながら飛んで行って、

慌ててたこを追いかけた経験をお持ちの方は多いと思います。

 

たこが高ければ高い程、子供が元気に育ち、願いが叶うと言われています。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20181014171846j:plain

 

目次

 

たこ揚げを始めたのはどこの国

最近気になるのは、どの国が最初にたこ揚げを始めたのかということです。

調べてみました。

 

やはり中国みたいですね。日本は文化的には親子の関係ですね。

 

紀元前4世紀、中国で最初にたこを作った人は魯班という人物です。

古代の春秋時代の人です。

後の代に工匠の祭神としてまつられる人です。凄い匠だったのでしょうね。

 

鳥の形で軍事に利用

その魯班が作った凧は鳥の形でした。

残念ながら軍事目的のものでした。

中国の凧は鳥、昆虫、または竜、鳳凰とか伝説上の生き物とかを形にしたものが

多かったようです。

 

戦いで大凧で敵陣の様子や、敵までの距離を測る軍事目的に使用されていました。

火薬をつけて敵に落として爆発させたりと兵器としても使われていました。

人が乗らないと出来ないのでかなりの大凧を作ったのでしょう。

 

日本には平安時代に伝わってきました。

14世紀ころには交易船によって南方系の凧が長崎に持ち込まれました。

形はひし形です。

このひし形の凧はインドや中近東が発祥の地と言われています。

 

江戸時代には長崎の出島で商人の使用人が凧を揚げ遊んでいました。

インドネシア人と言われています。

 

やはりひし形の凧でした。南蛮船の旗の模様だったようで、長崎では凧の事を「はた」と言っていました。

 

江戸時代には大凧を飛ばすのが流行ったが落ちて武家屋敷の屋根を壊したりして、

人々からはひんしゅくをかっていたようです。

 

長崎でも農作物に被害を与えていたので、何度も禁止令がでました。

 

庶民の間で子供の頃為に

迷惑をかけるので市街での凧揚げはすたれていきますが、

庶民の間では男の子が生まれた事を周囲に知らせる連絡に使われたりしました。

正月等に揚げる風習となり、現代に続いていきます。

 

どんな形があるの

日本 「和凧」最も一般的な凧

角凧=正方形、長方形がある

   ぐにゃぐにゃ凧=2本の棒の間にビニールを張り付けて作る。

   作るのは簡単ですが結構よく飛びます。

外国から輸入された 「カイト」

アメリカで発明されました。ゲイラカイトと呼ばれます。形は三角形です。

 

他に、立体凧、鳥凧、連凧(小さい凧を複数連ねた凧)、六角凧等数多くあります。

 

今度のお正月には子供と凧を揚げて遊んであげて下さい。

 

 

ここまで読んで下さり、ありがとうございます。