hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

七夕(しちせき)の節句 雨降らないで

たなばた

節句の一つです。7日の夕方を指します。

 

他の節句と同じく、季節の変わり目です。

7は奇数で縁起の良い日ですが、7が並んで縁起の悪い日となります。

 

七夕の言い伝えとなった話

中国の後漢時代、末期は皆さんご存知の三国志の頃です。この頃の言い伝えが最も古いものの一つです。

 

中国の牽牛・織女の伝説と日本古来の「たなばたなつめ」が混ざり合った行事です。


天の川、この両端に牽牛と織姫が住んでいました。

f:id:hiro-hitorigoto:20180526150045j:plain

 

牽牛(けんぎゅう)とはわし座のアルタイルの中国名です。日本名では彦星です。

織女はこと座のベガです。

 

アルタイル牛を飼う若者の牽牛になぞらえられ、ベガ機を織る織女になぞらえられます。織女は天帝の娘です。いつも機を織っている娘を不憫に思い天帝は牽牛と結婚させました。

 

ところが、織女は新婚生活に夢中になり、機を織る事を止めてしまいます。

怒った天帝は二人を別居させ、天の川の両側に別々に住まわせます。

でも1年に1回だけ会う事を許します。7月7日です。

 

今でも中国では民間に広く知られています。

 

もう一つ、乞坑奠(きこうでん)

陰暦の7月7日の行事ですが女子が裁縫や手芸の上達を願った行事です。

唐の時代には飾り立てた櫓を立て、食べ物を供えて願いました。

 

この牽牛と織姫の伝説乞巧奠が日本においては奈良時代に伝わり、七夕行事も伝わります。

日本古来の棚機津女(たなばたなつめ)の信仰と混ざり合い出来たものです。


棚機津女(たなばたなつめ)とは
旧暦の7月15日に水の神が天から下りてくると言われ、川などの水のある辺に織機を置きます。機には棚をつけ村で選ばれた穢れの無い娘が神が着る服を織りました。

 


日本の七夕

鎌倉時代後鳥羽天皇の頃は七夕の行事が宮廷で行われ、そうめんの原型である索餅(さくべい)を備えたという記録があります。

それから民間でもそうめんを七夕に食べるようになりました。

 

子供のころ短冊に「勉強が出来る様になりますように」とか家族の健康を願う言葉を書いて、笹竹の枝に結びつけました。

f:id:hiro-hitorigoto:20180525204658j:plain

誰でも経験があると思います。

 

雨が降ると織姫と彦星が会えなくなるので晴れます様にと願ったものです。

本来は笹竹に短冊を結び付けるのは6日の夜で、7日の朝には川に流していました。

 

今は環境の問題もありますので、川に流すのはやらないのが常識となっています。

 

日本では7月7日が七夕祭りの日ですが、月遅れの8月7日に行う地方もあります。

仙台なんかそうですね。8月6日から8日までの3日間です。

ここは不思議に雨が多いですね。今でも島倉千代子さんの七夕の歌が印象的です。

 

仙台七夕は3日間で200万人前後が見学に来てくれます。

私の住んでた家は国分町や七夕飾りのメインの通りの一つ、一番町まで歩いて2、3分の距離です。子供の頃朝早く一番町に行くとお店の人たちが大忙しで飾り付けをしています。

 

そんな姿を見ているので、雨が降り続くとあの人たち可哀そうだなーと子供心に思ったことがあります。

 

特に一生懸命作って飾り付けたものが地面に落ちて、それを雨を避けようとして走る人たちに踏まれているのを見る時です。

 

今年は3日間雨が降りませんようにと短冊に書こうかな。

 

残念でした。

平成30年7月7日 最近は雨模様で案じていましたが、今日は朝から雨。

雨でも川を渡れる船が欲しいですね。

 

www.adarihodori.com