hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

5月5日 鯉のぼり泳いでる

端午の節句

5節句の一つです。

風を受けて泳ぐ鯉のぼり、春から夏に代わる頃ですね。

近所では1カ月以上前から鯉のぼりを飾っているご家庭があります。

人それぞれに祝い方がありますから…

子供の日ですね。美味しい行事食が一杯。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20180524171152j:plain

 

端午の節句の由来、いつから始まったの

昔の中国の人で楚の国に屈原という人がおりました。

大変優良な官僚でしたが、新しい楚の王に対して当時勢力を伸ばしてきた秦に抗すべしと提言しましたが、受け入れられず江南という地に流されました。


その後各地を流浪しますが、祖国である楚が秦によって滅亡されようとします。

屈原はそれを見るに忍べづ川に身を投げて死にます。


屈原を大変慕っていた楚の国民は、屈原の遺体を魚が食べては気の毒なので、太鼓を打ち鳴らして魚を脅かし、魚が代わりに食べる様にと、ちまきを川に投げ入れました。

 

旧暦の5月は昔の中国では病気が流行し、多数の人が死んでしまう月でした。5月は悪い月と信じられてきました。5日も奇数で悪日です。5月5日はとんでもない悪日だったのでしょう。


人々はそれを防ぐ為に菖蒲を浸した酒を飲んだりして厄払いをしていました。


災いを祓う為に川に食べ物を投げ入れたり、菖蒲を軒下に挿したりしていたのですね。


そういう風習が日本に伝わってきて日本独自の端午の節句として変遷していきました。


端午の節句とは五節句の一つです。

5月は田植えの時期です。早乙女と呼ばれる若い娘が稲の豊作を祈願して神社などに籠り「5月忌み」という行事を行っていました。


田植えの前に穢れを祓うという風習です。


元々、この風習は日本では女性が行っていました。

これに中国から伝わってきた端午が結びついて「端午の節句」となりました。


鎌倉時代に宮中では端午の節句が廃れてきました。

代わって重んじてきたのは台頭してきた武士階級でした。


「5月忌み」に軒先に挿す菖蒲と武士が重んじる尚武(武道を重んじる)と同じ読みなので、これは縁起がよいと端午の節句が重んじられるようになりました。


江戸時代には幕府が公的な行事として定めたので庶民にも普及するようになりました。


男の子の誕生と成長を願う武士の願いを込めた行事が庶民にも受け継がれていきました。

f:id:hiro-hitorigoto:20180524172130j:plain


1948年に端午の節句子供の日と呼ばれるようになりました。

子供の人格を重んじ、こどもの幸福を図るとともに、母に感謝する

のが趣旨とされています。


鯉のぼりを立てるようになったのは

中国の故事に「黄河の流域に竜門という滝があります。その滝を昇ろうと様々な魚が挑戦しましたが、ことごとく失敗しました。昇れたのは鯉だけでした。登り切った鯉は竜となりました」。

という話があります。


男の子には出世をして欲しいという親や親族の願いが鯉のぼりには込められています。

江戸時代の町人階層から生まれたものです。

 

兜を飾るのも逞しく強く育って欲しいとの願望からでしょう。

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございます。