hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

タヌキがひき逃げに会う 車社会の犠牲者

可愛そうな犠牲者 誰もひきたくは無い

突然の渋滞 事故か しょうがねえなー

と思いながらノロノロ運転をしていた。

 

でも私の車はエコカー 車を止めるとエンジンが止まる

でもノロノロなので停止はしない

当然ですよね。停止しないからエンジンは止まらない。

 

最近分かったのだが、私の車は単に信号待ちの時にエンジンが止まる。

 

でもバッテリーは止まっている時もエアコンやオーデイオは作動している。当然バッテリーは頑張っている。

 

他にもエンジンを起動する装置も寿命がある。1万回とか限度がある。

新車で購入して2年もたたない内にバッテリーの寿命が来てしまった。

 

エンジンがかからない。販売店に電話すると「ブースターケーブルは使っても駄目です。交換するしかありません。特殊なバッテリーです」

 

買う前に行ってくれ・・・と言う訳で交換しました。

通常のバッテリーよりも割高です。

 

そんな事を考えながら渋滞の中にいます。

f:id:hiro-hitorigoto:20180507183949j:plain

 

本題に戻ります。

やっと動き始めた車列 でもなんか変 何かをどけながら進んでいる。

渋滞の原因はタヌキの死骸

 あっ動物の死骸だ。食事をしている方もいらっしゃると思いますので表現は控えますが無残な姿が見えてきました。

 

私もぎりぎりの感じで轢かない様通り過ぎました。

 

タヌキでした。

渋滞は終わりましたが、何とも言えない思いが残りました。

 

車が増えると比例して動物の被害が増えます。

猫、犬、たぬき、きつね、他、諸々。ちょっと前に子ザルの死骸を見ました。

眠っているような表情でした。

 

仕方ないといえば、それまでですが後味の悪い思いは残りますね。

 

前に同じ様な状況があり、犠牲者は猫で下半身がつぶされ、頭を四方八方に動かし助けを求めている状態でした。

 

それが人間だったら助けますよね。

 

役所に電話するしかすべはありませんでした。

 

轢きたくて轢いている人はいない。

どの運転手も私と同じ思いをしていたのでは。

 

ひき逃げ 人間だったら警察に追われ罰を受ます。

動物をひいても罪にはならない。

同じ生き物なのに

 

考えてもきりがありませんが、自然が間近かにあるこの地域では日常茶飯事です。

タヌキだと拾って食べる人もいるそうです。

 

私には出来ません。

 

私の住む地域も住宅地の開発や新しい高速道路の整備で、どんどん山が削られています。 

 

少子化で人口は年々減っていますが、新しい団地は増え続けています。

全国的に空き家が増えている現実を見るとなんか変な気がします。

 

動物専用道路を作ってあげても無理ですし、何か良い工夫は無いものでしょうか。