あだり ほどり

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

安倍ちゃん有難う トランプさんが平和賞に推薦される ノーベルさんもビックリ。背景には ?

トランプさん嬉しそう

「日本の安倍首相が私にノーベル平和賞を授与するよう推薦してくれた」

と発言しました。

トランプさん嬉しそうでしたね。

心の中で「安倍ちゃん 有難う 友よ」と叫んでいたかも

久々の誇らしげな顔を見て

「良かったね」と一往(一応[いちおう])は思いました。

 

でも、再往(さいおう)は違います。

これは、アメリカ政府が日本政府に

「安倍ちゃん 推薦してよ」

と頼んでいたみたいです。

「良くありません」が私の本音です。

 

ノーベルさんも天国でビックリしている事でしょう。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20190220171834j:plain

ノーベル賞授賞式会場

 

目次

 

ノーベル委員会の方針を破る

昨日、衆議院予算委員会で本当に推薦したのかと質問されましたね。

それに対して首相は

ノーベル委員会は推薦者も非推薦者も、50年間は明らかにしてはいけない

この方針に則ってコメントは差し控える。

この様な答弁でした。

 

ところが、トランプさん自身が発表してしまいました。

本当は言ってはいけなかったみたいですね。

彼としては余程嬉しかったんでしょう。

久々に。

 

推薦理由

予算員会で安倍総理

北朝鮮の核開発や核ミサイル開発を阻止している

リーダーシップを高く評価している

これが、推薦理由であります。

 

トランプ氏いわく

安倍首相が私を推薦してくれたのは

以前は日本上空を北朝鮮のミサイルやロケットが飛んでいた

安心できるようになったのは私のおかげだ

と述べています。

 

確かに北朝鮮が日本列島を飛び越してミサイルを発射していました。

あれは恐怖でしたね。

上空で失速して落ちてこない保証はありませんでしたから。

人が多いところや原子力発電所に落下したら、とんでもない被害を受けます。

 

トランプさんと北朝鮮金正恩さんの初めての会談で

ひとまず、その恐怖から解放はされたようですね。

これは評価に値しますが、しかし問題はこれからです。

 

アメリカは自国の被害を望まない

ハワイにまで到達するミサイルを完成させたとの報道を聞いた時

ブッシュ大統領だったら先制攻撃をしたかもしれません。

トランプさんも少しは思ったかも

でもハワイは自国の領土です。

仕返しに未確認の基地から核弾頭付きのミサイルを発射されたら

ハワイもかなりの被害が出ます。

アメリカは自国に影響のある戦いはしません。

中東のようにはいきません。

 

平和交渉を選んだという事です。

 

この後どうなるか

まもなく順調にいけば2回目の首脳会談がベトナムで行われますが

この会談で完全に和平交渉が成立し、北朝鮮が核を放棄し、兵器を

輸出する事を止め、朝鮮戦争終戦を成立させれば

北朝鮮の制裁も解除され

日本との国交正常化も実現するでしょう。

そうすれば長年の懸案だった拉致被害者も家族のもとに帰ってくるでしょう。

 

まだ平和賞は早すぎる

こうなって初めてノーベル賞の話題が出て来るのです。

だれも受賞に対して異議を挟まないでしょう。

まだ早すぎる、1回目の首脳会談の成果は取り合えづミサイル発射を

止めている。

只それだけです。

 

これからですよ。

トランプさん、安倍さん。

時期尚早なんてもんじゃないですね。

内緒で政府どうしでノーベル賞の受賞を、頼んだり、頼まれたり

 

恥ずかしいからやめて下さい。

また韓国から何を言われるか分かりませんよ。

北朝鮮もあっけに取られているかも。

 

別な見方も

安倍総理はトランプさんの「ポチ」みたいに言われています。

今回のノーベル賞問題でもそうですが、

国民から見ても、なぜそんなにアメリカに媚びを売るのか

情けなくなることは度々ありました。

 

背景には

アメリカと仲の良いところを見せておく必要がある。

例え何と言われようと。

アメリカと仲が良ければ中国も北朝鮮も日本に手出しできない。

そういう事を言う人も多いです。

 

確かにアメリカと親密な関係にあれば

下手な事は出来ませんね。

何と言っても世界最強の軍備を誇っています。

 

それだけ日本を取り巻く世界状況は厳しいものがあります。

最近は韓国も調子に乗って言いたい放題です。

 

 

勿論やられた人は何時までも恨みを抱えていますが

韓国政府は日本からの巨額な賠償金の中から、被害者に救済金として

支払っていなかった様ですね。

 

今、日本の自衛隊核兵器を持っていませんが、実力は世界1との事です。

でも、いくら優秀でも戦争は悪です。

戦争が仮に始まれば自衛隊員も戦死者が多く出ます。

当然、兵隊が足りなくなり国民から兵を徴集する様になります。

徴集制が復活します。

 

大変な事です。

皆さんの子供が兵隊として戦地へ送られます。

戦争に勝者も敗者もありません。

国土は焦土と化し、再建は多難になります。

破壊は一瞬、建設は死闘です。

 

何と言われようと抑止力としてのアメリカは必要なのかもしれません。

外交努力でお互いが仲良く行き来出来る

そういう世の中が早く来るように願いますね。

 

今年のノーベル平和賞の推薦者は304人です。

この中にトランプさんも入っています。

締め切りは2月1日でした。

 

 

ここまで読んで下さり、有難うございます。