hirono-adarihodori

思いついたまま書いているブログです。お付き合い下さい。

トウモロコシが無残に食い荒らされる 犯人は?

カラス それともハクビシン? トウモロコシが無残な姿に

去年まで2年続けてトウモロコシが無残な姿になった。何者かに食い荒らされたしまったのです。

 

農家の休耕地をお借りして5人で家庭菜園をしている。野菜作りの楽しみは店で売っている物より新鮮でおいしい野菜が食べられること。

 

初めてトマトを収穫して食べた時「これが子供の時食べたトマトの味だ」と叫んでしまったことがある。子供たちにも好評だし、近所の人におすそ分けをすると喜んでもらえるし。良いことづくめである。

 

雑草取りや荒起こし等、結構体力を使うし大変だが野菜作りは止められない。私は仕事の都合上1週間に1回しか畑へ行けませんので、夏になると雑草の伸び方が半端ではありません。

 

野菜もそうです。きゆうりなんか丁度良い感じになるなと思っていると、へちまみたいな大きさになってしまう。

トウモロコシも出来具あいを見計らって収穫に行くのですが見てビックリ。

 

無残に食い荒らされています。中には綺麗に食べ尽されているものもあります。カラスかなと思っていたら「ハクビシンかもしれないよと」野菜作りの仲間に言われました。

 

ハクビシン 夜見たのとは違うような気が

そう言えば私の団地内には野球場やテニスコートを含めた大きな公園があり、8時頃に尾が白く顔が尖っているタヌキとキツネのあいの子みたいな生き物が車のライトの明りの中で見たことがあります。

 

すぐ目の前を横切って行きました。家へ帰って家族に話すと「ハクビシンだ」と言われました。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20180510195002j:plain

ハクビシン、漢字で書けば白鼻芯。読んで字のごとく額から鼻にかけて白い線と言うか筋が入っています。

 

目撃情報は都会ではタヌキを上回る程、全国で見られるようです。でも、山の多い地域では圧倒的にタヌキの方が多いです。

 

ちょっとだけ箇条書きで書いてみると

  • ジャコウネコ科  タヌキの仲間ではありませんでした。
  • 体長約1m超 体重3キロ前後
  • 灰色っぽくしっぽが長い。指が5本
  • 雑食 野菜等、小動物、昆虫を食する
  • 電線を伝って移動することもある
  • 勝手に個人が駆除できない  鳥獣保護法で守られている

  被害を受けてどうしても駆除したい方は最寄りの役場へ相談。

  許可を受けている専門の業者もいるみたいです。

  •  江戸時代、明治時代には確実な生息記録が無い

  20世紀になってから人為的に日本に入ってきたのではないだろうか。

  生息地域は 中国、フィリピン等の東南アジア、インド等の南アジア、台湾、

  日本などです。

  • 在来種か外来種か今のところ特定されていない。
  • 有力説では中国より皮を利用する為に持ち込まれたのではと考えられている。
  • かなり美味で中国では食用として食べられている。
  • 毛は毛筆の筆用として利用されている

 

そんな事が2年も続き、去年はとうもろこしを作るのを止めたのですが一緒にやっている近所の奥さんは毎年作ります。

 

その人も2年続けて被害にあいました。今年は何か方策を考えているのかなと思って見ていましたが、そろそろ収穫が近いなと思っていた2日後、やっぱりやられました。

 

ネットを貼ったりして対策は採っていたのですが、やはり不十分だったようでやられてしまいました。

 

奥さんは「多分カラスだと思う」と言っています。

 

f:id:hiro-hitorigoto:20180510200003j:plain

敵は食べごろを知っているかの様においしく食べていくのでしょう。

きれいに食べればいいのですが、辺り一面に食い散らかしていくのが何とも憎いです。

 

動物から見れば自分らの為に食べ物がある。人間さんありがとう。なんて思っているかもしれません。

 

でもタヌキとか人間の為にテリトリーを侵され生活環境を変えされた生き物であれば、まあしょうがないかと諦めるのだが外来種(はっきりしませんが)のハクビシンにやられたとしたらちょっとがっかり。

 

別に差別をしているわけではありません。無責任な飼い主が野に放ったものなので、彼らも生きる為には必死なのだと思う。

 

去年は断念したが今年は色々と対策を練って準備をして、カラスやハクビシンと知恵比べをして立派なトウモロコシを育てて家族と食べたいと思います。

 

そうそう、彼らがガッカリしないように少し残してあげようと思う。人間にできるのはそれ位だね。お互い頑張ろう。